海外勢に萎縮 桐生祥秀に立ちはだかる「10秒の壁」

公開日: 更新日:

 日本人初の9秒台が期待されるスプリンターが始動である。

 陸上男子100メートルで日本歴代2位(10秒01)の記録を持つ陸上短距離の桐生祥秀(18=京都・洛南高)が4日、世界室内陸上選手権(ポーランド・ソポト、7~9日)に向けて出発した。今大会は60メートルに参戦する桐生は「決勝に進出するために日本記録を出したい。(予選、準決、決勝と)ラウンドを重ねたい」と朝原宣治の持つ6秒55の記録更新を誓った。

 昨年の織田記念陸上で100メートル10秒01をマークして一躍、注目を集めた。日本人初の9秒台も期待されながら、招待選手として参加した6月のダイヤモンドリーグ(賞金レース)では10秒55、8月の世界選手権(ロシア・モスクワ)では10秒31といずれも平凡なタイムに終わった。

 4月に東洋大に入学する桐生は「大学ではスタートダッシュに磨きをかけたい」とレベルアップを口にしたが、日本最速スプリンターの課題は技術よりメンタルにありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

もっと見る