日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

五輪イヤーにまで強行…「フィギュア世界選手権」の“価値”

 これではチケットに本来の価値はあるのか。
 26日から行われるフィギュアの世界選手権(埼玉)に出てくるはずの有力選手が次々に出場辞退を表明している。

 4日にはバンクーバー五輪男子シングル銅メダリストの高橋大輔(27)が右膝治療のため欠場を発表。先のソチ五輪で銀メダルを獲得した世界選手権3連覇中のパトリック・チャン(23=カナダ)が「しばらく休養したい」と不参加を決めた。女子では銀メダリストのキム・ヨナ(23=韓国)も不参加だ。アイスダンスのカナダ、米国の金、銀ペアも来日を見送った。

 浅田真央や羽生結弦(19)、アデリナ・ソトニコワ(17)の男女の金メダリストが出場するとはいえ、トップスケーターが集う世界選手権とは名ばかりだ。

 前売り券は12月14日から販売されており、4日間通し券はS席(7万円)、A席(5万8000円)、B席(4万6000円)と高額席はいずれも完売。他の席も、すでに予約受け付けを終了している。転売目的での購入者も少なくないとみられ、ネットオークションで席によっては3倍近い額まで高騰した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事