日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

古傷再発…シャルケ内田はまたもW杯に嫌われるのか?

 名門レアル・マドリード(スペイン)との欧州CL決勝トーナメント1回戦第2レグをシャルケ(ドイツ)は1―3で落とし、2試合合計2―9の大差でCL敗退が決まった。

 この試合に日本代表DF内田篤人の姿はなかった。2月9日に古傷の右太もも裏肉離れで戦線を離脱。現在、長期リハビリ中だからである。

「肉離れに加え、右膝腱も部分断裂。内田が『膝が爆発したかと思った』と振り返るほどの痛みに襲われました。日本でリハビリを行い、15日にドイツに戻った内田は『再発した時点でW杯は絶望』と悲愴感タップリに漏らしています」(サッカージャーナリスト)

■南アフリカ大会は出場なし

 それにしても、内田ほど“W杯に嫌われた”選手もいないだろう。19歳で代表デビュー。10年南アW杯の3次予選、最終予選の14試合中11試合に先発しながらサブに降格し、本大会4試合で出番なし。そして4年後のブラジルW杯も、厄介な古傷再発で代表メンバー入りも微妙な情勢だからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事