• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

識者が懸念する浦和レッズとサポーターの“関係悪化”

 Jリーグで初の無観客試合が埼玉スタジアムで行われた。

 ガランとしたスタジアムに響くのは、浦和と清水の選手が出す指示の声だけ。20年以上前の閑古鳥の鳴いていた日本リーグの試合を彷彿(ほうふつ)させた。

 3月8日の浦和―鳥栖戦。一部サポーターが人種差別横断幕を掲げ、浦和も試合終了まで取り外さなかったことに対する厳罰である。浦和も当分の間、自主的に横断幕やゲートフラッグ、旗などの掲出をホーム、アウェーともに禁止した。

「発端となった横断幕を全面禁止し、ゴール裏の警備も強化。自由席を指定席に変更するプランも検討中です」と浦和の淵田社長は言う。正直これには違和感を覚えた。

 横断幕はサポーターのアイデンティティーであり、強烈なメッセージでもある。横断幕事件の後、大多数のサポーターがどのように感じ、何を思い、どんなメッセージを発するのだろうか? 個人的にも興味は尽きない。それを全面禁止では「臭いモノには蓋」といった安易な発想が見え隠れする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  6. 6

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  9. 9

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  10. 10

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

もっと見る