識者が懸念する浦和レッズとサポーターの“関係悪化”

公開日: 更新日:

 Jリーグで初の無観客試合が埼玉スタジアムで行われた。

 ガランとしたスタジアムに響くのは、浦和と清水の選手が出す指示の声だけ。20年以上前の閑古鳥の鳴いていた日本リーグの試合を彷彿(ほうふつ)させた。

 3月8日の浦和―鳥栖戦。一部サポーターが人種差別横断幕を掲げ、浦和も試合終了まで取り外さなかったことに対する厳罰である。浦和も当分の間、自主的に横断幕やゲートフラッグ、旗などの掲出をホーム、アウェーともに禁止した。

「発端となった横断幕を全面禁止し、ゴール裏の警備も強化。自由席を指定席に変更するプランも検討中です」と浦和の淵田社長は言う。正直これには違和感を覚えた。

 横断幕はサポーターのアイデンティティーであり、強烈なメッセージでもある。横断幕事件の後、大多数のサポーターがどのように感じ、何を思い、どんなメッセージを発するのだろうか? 個人的にも興味は尽きない。それを全面禁止では「臭いモノには蓋」といった安易な発想が見え隠れする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  4. 4

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  5. 5

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  6. 6

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  7. 7

    侍J深刻ファン離れ ZOZOマリンがロッテ戦より不入りの衝撃

  8. 8

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  9. 9

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  10. 10

    TV各局「五輪キャスター選び」が難航する“オトナの事情”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る