後にやるのが「付け足し感」なら前にやるのはナンだ?

公開日:  更新日:

 2020年の東京オリンピックとパラリンピックについて、自民党の野田総務会長が「ソチを見たが、パラリンピックはやっぱり付け足し感がある。オリンピックの前に開催すべきではないか」と発言した。

 なんだこりゃ? パラリンピックを「付け足し感」ではなくて「付け足し」だと思っているのをボカしただけではないのか。

 平たく「付け足し……」と言うときついから、とっさに「付け足し、……みたいな~?」と言いたかったが、「みたいな~?」ではガキと同じであるし、この際「付け足し感」?

 国民の総意を形成して(これをわざと横文字でコンセンサスを得て、などと常套(じようとう)句にした政治屋に限ってコンセンサスとコンセントの違いも分からぬバカが大多数だったりするのだが)政治家らしく表明すれば、

「いわゆるパラリンピックにおけるレゾンデートル(存在価値)がオリンピックのそれに比して、ややもすれば内向きな要素を内包しておるのではないか、という危惧を持たざるを得ない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る