後にやるのが「付け足し感」なら前にやるのはナンだ?

公開日:  更新日:

 2020年の東京オリンピックとパラリンピックについて、自民党の野田総務会長が「ソチを見たが、パラリンピックはやっぱり付け足し感がある。オリンピックの前に開催すべきではないか」と発言した。

 なんだこりゃ? パラリンピックを「付け足し感」ではなくて「付け足し」だと思っているのをボカしただけではないのか。

 平たく「付け足し……」と言うときついから、とっさに「付け足し、……みたいな~?」と言いたかったが、「みたいな~?」ではガキと同じであるし、この際「付け足し感」?

 国民の総意を形成して(これをわざと横文字でコンセンサスを得て、などと常套(じようとう)句にした政治屋に限ってコンセンサスとコンセントの違いも分からぬバカが大多数だったりするのだが)政治家らしく表明すれば、

「いわゆるパラリンピックにおけるレゾンデートル(存在価値)がオリンピックのそれに比して、ややもすれば内向きな要素を内包しておるのではないか、という危惧を持たざるを得ない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る