日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ACミラン本田 セリエA待望の初ゴールで“批判封殺”

 ACミランのMF本田圭佑が、敵地でのジェノア戦(日本時間8日午前4時開始)で待望のセリエA初ゴールを決めた。

 チームメートやセードルフ監督らスタッフにとっても、待ちわびた瞬間だった。

 1─0で迎えた後半11分。スルーパスに反応した本田は、絶妙タッチでDFマルケーゼをかわして突進。ペナルティーエリア外ギリギリまで飛び出してきたGKベリンの強烈スライディングタックルを足元に受けた。一瞬、早かった。

 本田は左足を伸ばしてボールを浮かしてループシュート。もんどりうって倒れたが、ピッチに突っ伏す格好でボールがゴールに吸い込まれていくシーンを見届けた。

■体を張ったプレーでチーム全体が認める

 セリエA12試合目にして初ゴール。イタリアでは1月15日のイタリア杯でのゴール以来。テレ笑いを浮かべる本田の元に選手全員が駆け寄り、ひとしきり手荒な祝福を受けた本田は、小走りにベンチに向かってセードルフ監督と熱烈抱擁だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事