7試合連続安打 日ハム大谷「猛打」を支えるモチベーション

公開日: 更新日:

 日本ハム・大谷のバットが止まらない。

 16日のオリックス戦で7試合連続安打となる5打数2安打。打率は.389まで跳ね上がった。

 2年目も二刀流を続ける大谷の今季のチーム方針は、あくまで投手優先だった。それが背中の張りもあって、野手起用が増えている。この一時的な「二刀流休止」が大谷の打棒に磨きをかけているという声もあるが、あるチーム関係者によれば「本人には違うモチベーションがある」と言う。

 大谷には入団以来、取材規制が敷かれている。2年目の今季も同様で、決められた会見以外、報道陣は大谷と1対1で話すことができない。移動時や試合後も常に広報や球団職員が寄り添う“厳戒態勢”だ。栗山監督の方針で夜も基本的に外出禁止。食事に行くのも球団スタッフや首脳陣に了解を取らなくてはならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  7. 7

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    美馬がロッテ決断 巨人FA争奪戦初敗北で問われる補強姿勢

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る