7試合連続安打 日ハム大谷「猛打」を支えるモチベーション

公開日:  更新日:

 日本ハム・大谷のバットが止まらない。

 16日のオリックス戦で7試合連続安打となる5打数2安打。打率は.389まで跳ね上がった。

 2年目も二刀流を続ける大谷の今季のチーム方針は、あくまで投手優先だった。それが背中の張りもあって、野手起用が増えている。この一時的な「二刀流休止」が大谷の打棒に磨きをかけているという声もあるが、あるチーム関係者によれば「本人には違うモチベーションがある」と言う。

 大谷には入団以来、取材規制が敷かれている。2年目の今季も同様で、決められた会見以外、報道陣は大谷と1対1で話すことができない。移動時や試合後も常に広報や球団職員が寄り添う“厳戒態勢”だ。栗山監督の方針で夜も基本的に外出禁止。食事に行くのも球団スタッフや首脳陣に了解を取らなくてはならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る