これが世に言う「キューバしのぎ」

公開日:  更新日:

 巨人がキューバから主砲のフレデリク・セペダ外野手を獲得した。キューバ政府が自国の野球選手が外国でプレーすることを正式に認めたので、触手を伸ばしたキューバ随一のスラッガー。

 長嶋茂雄終身名誉監督は「20年来野球交流を模索してきた。晴れてキューバ選手を獲得できる日が来て、大変喜ばしい」とコメントしている。現監督も「世界のスラッガーを獲得できたのは大きい。もちろん外野手として使うつもり」と明言した。相変わらずだな巨人も。
「契約金5000万円、年俸1億5000万円で世界のスラッガーを取れるなら安いもんだろ。これで日本一は万全だ。ぐわははは!」

 ご高齢の最高幹部がそっくり返って高笑いする顔が浮かぶ。
 さて、今現在巨人の野手にはロペス、アンダーソンがきっちり活躍しており、外野手は長野が安定し、橋本が育ってきた。今、外国人の即戦力スラッガーが必要かどうか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る