「宇宙マニア」のロッテ古谷 若田さん帰還の日に勝てず落胆

公開日: 更新日:

 日本人初の国際宇宙ステーション船長を務め、約半年間の長期滞在から若田光一さん(50)が元気に帰還した。

 そのニュースを気にしていたのが、14日のソフトバンク戦に先発したロッテの古谷拓哉。昨オフはロッテの地元である千葉市科学館の一日館長を務めた左腕は、プラネタリウム観賞や科学誌ニュートンを愛読する宇宙マニアなのだ。

 この日は4勝目をかけてマウンドにあがり八回1死二塁で降板。2番手益田がタイムリーを許すも、九回1死まで勝ち投手の権利があった。が、3番手西野が長谷川に同点弾を浴びて4勝目はフイに。ベンチでガックリする姿が何度もテレビに映し出された。

 昨年は6月から一軍にあがり、同月のオリックス戦ではノーヒットノーランまであと1人という快投でプロ初完投初完封。スルスルと9勝(1敗)をあげてチームのAクラス入りに貢献。それでも年俸は1600万円しかアップ(3000万円)せずガックリしていた。

「今年は1年間活躍して2ケタ勝つのが目標」という遅咲き左腕。20日からは弱いセのチームが相手。そこで勝ち星を稼げば目標達成は難しい話ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    親の介護のために定年退職後はアルバイトを続けてきたが…

  4. 4

    夫フジモンは男を上げる格好に「男は黙って離婚」が正解か

  5. 5

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    阿部慎之助はこうして高等技術「ツイスト打法」を会得した

  8. 8

    官僚のみなさん怒ったら? どこまでも上から目線の菅長官

  9. 9

    「私なら辞める」河井案里議員は自分の発言を忘れたのか?

  10. 10

    梅宮辰夫が役者になった目的4つ いい女を抱く、酒を飲む…

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る