「宇宙マニア」のロッテ古谷 若田さん帰還の日に勝てず落胆

公開日: 更新日:

 日本人初の国際宇宙ステーション船長を務め、約半年間の長期滞在から若田光一さん(50)が元気に帰還した。

 そのニュースを気にしていたのが、14日のソフトバンク戦に先発したロッテの古谷拓哉。昨オフはロッテの地元である千葉市科学館の一日館長を務めた左腕は、プラネタリウム観賞や科学誌ニュートンを愛読する宇宙マニアなのだ。

 この日は4勝目をかけてマウンドにあがり八回1死二塁で降板。2番手益田がタイムリーを許すも、九回1死まで勝ち投手の権利があった。が、3番手西野が長谷川に同点弾を浴びて4勝目はフイに。ベンチでガックリする姿が何度もテレビに映し出された。

 昨年は6月から一軍にあがり、同月のオリックス戦ではノーヒットノーランまであと1人という快投でプロ初完投初完封。スルスルと9勝(1敗)をあげてチームのAクラス入りに貢献。それでも年俸は1600万円しかアップ(3000万円)せずガックリしていた。

「今年は1年間活躍して2ケタ勝つのが目標」という遅咲き左腕。20日からは弱いセのチームが相手。そこで勝ち星を稼げば目標達成は難しい話ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る