• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「宇宙マニア」のロッテ古谷 若田さん帰還の日に勝てず落胆

 日本人初の国際宇宙ステーション船長を務め、約半年間の長期滞在から若田光一さん(50)が元気に帰還した。

 そのニュースを気にしていたのが、14日のソフトバンク戦に先発したロッテの古谷拓哉。昨オフはロッテの地元である千葉市科学館の一日館長を務めた左腕は、プラネタリウム観賞や科学誌ニュートンを愛読する宇宙マニアなのだ。

 この日は4勝目をかけてマウンドにあがり八回1死二塁で降板。2番手益田がタイムリーを許すも、九回1死まで勝ち投手の権利があった。が、3番手西野が長谷川に同点弾を浴びて4勝目はフイに。ベンチでガックリする姿が何度もテレビに映し出された。

 昨年は6月から一軍にあがり、同月のオリックス戦ではノーヒットノーランまであと1人という快投でプロ初完投初完封。スルスルと9勝(1敗)をあげてチームのAクラス入りに貢献。それでも年俸は1600万円しかアップ(3000万円)せずガックリしていた。

「今年は1年間活躍して2ケタ勝つのが目標」という遅咲き左腕。20日からは弱いセのチームが相手。そこで勝ち星を稼げば目標達成は難しい話ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る