• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「宇宙マニア」のロッテ古谷 若田さん帰還の日に勝てず落胆

 日本人初の国際宇宙ステーション船長を務め、約半年間の長期滞在から若田光一さん(50)が元気に帰還した。

 そのニュースを気にしていたのが、14日のソフトバンク戦に先発したロッテの古谷拓哉。昨オフはロッテの地元である千葉市科学館の一日館長を務めた左腕は、プラネタリウム観賞や科学誌ニュートンを愛読する宇宙マニアなのだ。

 この日は4勝目をかけてマウンドにあがり八回1死二塁で降板。2番手益田がタイムリーを許すも、九回1死まで勝ち投手の権利があった。が、3番手西野が長谷川に同点弾を浴びて4勝目はフイに。ベンチでガックリする姿が何度もテレビに映し出された。

 昨年は6月から一軍にあがり、同月のオリックス戦ではノーヒットノーランまであと1人という快投でプロ初完投初完封。スルスルと9勝(1敗)をあげてチームのAクラス入りに貢献。それでも年俸は1600万円しかアップ(3000万円)せずガックリしていた。

「今年は1年間活躍して2ケタ勝つのが目標」という遅咲き左腕。20日からは弱いセのチームが相手。そこで勝ち星を稼げば目標達成は難しい話ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  3. 3

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  6. 6

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  9. 9

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  10. 10

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

もっと見る