日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

新横綱鶴竜よ、北の富士の頭を剃ってやれ

 大相撲夏場所の前、NHK解説者の北の富士が番組で言った。
「横綱にはランクがある。28回も優勝している白鵬はAランク、日馬富士はBランク、鶴竜はランク外。新横綱としてのプレッシャーは並大抵じゃない。それを克服して優勝するなんてできないと思う。オレがそうだったんだ。優勝したらボウズになってやるよ」

 面白がってそういう約束をすると身を亡ぼす。

 わたくしは1998年プロ野球シーズン前に、TBSラジオ生番組で横浜ファンの荒川強啓氏に「横浜が優勝できるわけがない。もし優勝したら髪の毛を剃ってやる」と面白がって公言したら、本当に優勝してしまった。

 ラジオ生放送、強啓氏の前で剃髪式を実況中継されるはめとなった。テレビではなく、マイクの前で髪を剃っても無意味なのだが、剃髪実況アナとして松下賢次が絶叫した。スポーツ紙数紙が証拠写真を撮りに来て、翌日スタジオで髪を剃るわたくしの間抜け面が載った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事