日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

鈴木良平CL観戦記 Rマドリード優勝は強烈なアンチテーゼ

鈴木良平<ポルトガル発特別寄稿>

 スカパー!がライブ中継したCL決勝のレアルとアトレチコとのマドリード・ダービーの解説でポルトガルの地を訪れた。季節外れの寒さには閉口させられたが、90+3分のレアルの劇的同点ゴール、延長後半5分のFWベイルの見事な決勝ゴールなどドラマチックな展開を十二分に堪能することができた。

 CLの決勝は、近代サッカーの一大潮流である「ポゼッションサッカー」に対する強烈なアンチテーゼとなった。

 パスを細かくつないで高いボール支配率で相手を圧倒する――。そのポゼッションサッカーの代名詞がスペイン代表であり、スペインの名門バルセロナだった。

 スペイン代表は08年と12年のユーロ、そして10年南アW杯を制して主要大会3連覇中だ。CL直近10大会で3度優勝のバルセロナが偉大なクラブであることは、改めて言うまでもないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事