主将・長谷部が「ベンチ休養」でも日本代表に働くプラス効果

公開日: 更新日:

 3-1の逆転勝利を収めたコスタリカ戦(3日)の試合前、メンバー表にはMF長谷部誠の名前があった。ところが試合が始まると、彼の姿はベンチではなく、観客席にあった。試合後、原博実技術委員長は「疲れが出たので、あえて休ませました。体のケアと右膝の張りを考えてのことです」と理由を説明した。

 キャプテンの離脱でボランチは山口蛍と青山敏弘がスタメン出場。試合は青山に代わって遠藤保仁が入った後半、3ゴールを奪って逆転勝ちだ。

 前回南ア大会から日本代表は、選手のコンディションをチェックするため、毎日のように血液検査と尿検査を実施。さらにザッケローニ監督体制になってからは、心拍数も測定して疲労の度合いを確認している。別メニューの練習が続いている長谷部、DF酒井高徳の回復具合も、手に取るように分かるという。

 果たして4年前からキャプテンとしてチームを牽引する長谷部が、コートジボワール戦に間に合うのか、それとも間に合わないのか? それは今後の経過を待たないと判断できない。たとえ間に合わなかったとしても、個人的には、それほど心配することはないと思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  5. 5

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  6. 6

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る