日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

エコノミストが統計で分析「コートジボワール戦は勝率9割」

「4」の付く日はほぼ負け知らず

 兜町で、サッカー日本代表と株価の関連性が話題になっている。
「日本代表が試合に勝った翌日は、日経平均が上昇するのです。最近の親善試合もそうでした」(市場関係者)

 キプロス戦(5月27日)、コスタリカ戦(6月2日)、ザンビア戦(6月6日)と日本は3連勝。株価も34円高、98円高、46円高と3連騰だ。

 ちょっと古いが、日本がW杯初出場を決めた「ジョホールバルの歓喜」(97年11月)の翌日も、日経平均は1200円アップしている。

 12年のロンドン五輪もジンクス通りだ。1次リーグでスペイン、モロッコに勝ち、ベスト4進出をかけたエジプトとの戦いも制した。日経平均は例外なく上昇している。一方、銅メダルをかけた韓国戦で日本は負けて、株価も下落した。

 こうなると、週明け16日の株価は、14日(日本時間15日午前10時)に行われる日本代表の初戦、対コートジボワールにかかってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事