W杯放映権は総額400億円? 1次L敗退なら民放マッ青

公開日: 更新日:

 13日(日本時間)開幕するサッカーW杯だが、ハラハラしながら日本代表の行方を見ているのがテレビ局だ。

 今回のW杯でNHKと民放のジャパンコンソーシアム(JC)が払うテレビ放映料は全64試合で400億円ともいわれている。もっと安いという説もあるが、400億円とすれば1試合当たり6億2500万円。しかも、試合中継は深夜から早朝、午前中。日本戦以外の高視聴率は厳しいともっぱらだ。

 前回の南ア大会の放送権料は約260億円だった。その時ですら民放局からは「採算が取れない」との声が上がっていた。それが今回は一挙に1.5倍増だ。これで決勝トーナメント進出を逃せば、テレビ局も真っ青だろう。

 日本戦は高い視聴率が取れるといっても(10年のW杯は夜11時開始の日本―カメルーン戦が45.2%)、1次リーグ敗退なら3試合しかない。民放(日テレ、テレ朝)が中継するのは2、3戦目の2試合だけ。外国同士の試合ではスポンサーもつきにくい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  8. 8

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  9. 9

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

  10. 10

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

もっと見る