交流戦“削減派”の巨人が単独首位 パ球団には痛しかゆし?

公開日:  更新日:

 巨人がまた勝った。15日の楽天戦。八回までわずか1安打に抑えられていた楽天・則本を九回に攻略。楽天の13残塁の拙攻にも助けられ、逆転勝ちした。4番手の土田はたった1球でプロ初勝利のおまけつき。今季初の6連勝となった原辰徳監督(55)は、「ギリギリの勝負ではあったけど、うちに運があった」と笑いが止まらなかった。

 ここまで対日本ハムは4勝0敗、西武と楽天には3勝1敗。パ・リーグ首位で巨人と交流戦の優勝を争っているオリックスにも2勝0敗。パが勝手にコケてくれる展開が多いのだから、それも当然だ。

 これで巨人は交流戦14勝6敗となり、単独首位に立った。始まる前は首位広島と4.5ゲーム差の3位。「流れを変えたい」と言っていた原監督が「交流戦の成績はペナントレースにも大きく左右することがある。優勝には賞金(3000万円)も出るわけだし、短期的な意味での優勝も目指していく」と話した言葉通りの展開になってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る