交流戦“削減派”の巨人が単独首位 パ球団には痛しかゆし?

公開日: 更新日:

 巨人がまた勝った。15日の楽天戦。八回までわずか1安打に抑えられていた楽天・則本を九回に攻略。楽天の13残塁の拙攻にも助けられ、逆転勝ちした。4番手の土田はたった1球でプロ初勝利のおまけつき。今季初の6連勝となった原辰徳監督(55)は、「ギリギリの勝負ではあったけど、うちに運があった」と笑いが止まらなかった。

 ここまで対日本ハムは4勝0敗、西武と楽天には3勝1敗。パ・リーグ首位で巨人と交流戦の優勝を争っているオリックスにも2勝0敗。パが勝手にコケてくれる展開が多いのだから、それも当然だ。

 これで巨人は交流戦14勝6敗となり、単独首位に立った。始まる前は首位広島と4.5ゲーム差の3位。「流れを変えたい」と言っていた原監督が「交流戦の成績はペナントレースにも大きく左右することがある。優勝には賞金(3000万円)も出るわけだし、短期的な意味での優勝も目指していく」と話した言葉通りの展開になってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2横綱1大関に続き朝乃山も撃破 好調遠藤を支える謎の新妻

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  4. 4

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  5. 5

    仮出所した中江滋樹を高級車で迎えた意外な人物とは?

  6. 6

    地上波から消えた不当を証明した「新しい地図」のスター感

  7. 7

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  8. 8

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

  9. 9

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  10. 10

    AAA活動休止発表で“シンボル”を失うエイベックスの痛手

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る