交流戦“削減派”の巨人が単独首位 パ球団には痛しかゆし?

公開日:  更新日:

 巨人がまた勝った。15日の楽天戦。八回までわずか1安打に抑えられていた楽天・則本を九回に攻略。楽天の13残塁の拙攻にも助けられ、逆転勝ちした。4番手の土田はたった1球でプロ初勝利のおまけつき。今季初の6連勝となった原辰徳監督(55)は、「ギリギリの勝負ではあったけど、うちに運があった」と笑いが止まらなかった。

 ここまで対日本ハムは4勝0敗、西武と楽天には3勝1敗。パ・リーグ首位で巨人と交流戦の優勝を争っているオリックスにも2勝0敗。パが勝手にコケてくれる展開が多いのだから、それも当然だ。

 これで巨人は交流戦14勝6敗となり、単独首位に立った。始まる前は首位広島と4.5ゲーム差の3位。「流れを変えたい」と言っていた原監督が「交流戦の成績はペナントレースにも大きく左右することがある。優勝には賞金(3000万円)も出るわけだし、短期的な意味での優勝も目指していく」と話した言葉通りの展開になってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る