交流戦“削減派”の巨人が単独首位 パ球団には痛しかゆし?

公開日: 更新日:

 巨人がまた勝った。15日の楽天戦。八回までわずか1安打に抑えられていた楽天・則本を九回に攻略。楽天の13残塁の拙攻にも助けられ、逆転勝ちした。4番手の土田はたった1球でプロ初勝利のおまけつき。今季初の6連勝となった原辰徳監督(55)は、「ギリギリの勝負ではあったけど、うちに運があった」と笑いが止まらなかった。

 ここまで対日本ハムは4勝0敗、西武と楽天には3勝1敗。パ・リーグ首位で巨人と交流戦の優勝を争っているオリックスにも2勝0敗。パが勝手にコケてくれる展開が多いのだから、それも当然だ。

 これで巨人は交流戦14勝6敗となり、単独首位に立った。始まる前は首位広島と4.5ゲーム差の3位。「流れを変えたい」と言っていた原監督が「交流戦の成績はペナントレースにも大きく左右することがある。優勝には賞金(3000万円)も出るわけだし、短期的な意味での優勝も目指していく」と話した言葉通りの展開になってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  2. 2

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  3. 3

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  4. 4

    施政方針演説に疑問…コロナ収束より東京五輪開催が本音?

  5. 5

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  6. 6

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  7. 7

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  8. 8

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  9. 9

    石田純一のトホホなYouTubeデビュー…コロナ騒動が後引く

  10. 10

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

もっと見る