• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

欠場発表で波紋 桐生祥秀「右足炎症」の深刻度

「(8日の)日本選手権のときから足裏に違和感があった。今後の貴重な大会で成果を上げるためにも、少し休むことを決断した」

 東洋大を通じて、20日開幕の日本学生個人選手権(神奈川・平塚)と29日の布勢スプリント(鳥取)の欠場を発表したのが桐生祥秀(18)だ。

 東洋大によれば100メートルで初優勝した日本選手権後、国立スポーツ科学センター診療所で精密検査を受け、疲労性の炎症と診断されたという。現在は練習をしていないものの、7月下旬の世界ジュニア選手権(米オレゴン州)と9月のアジア大会(韓国・仁川)の出場を目指すという。

「足底腱膜炎が考えられますが、さほど深刻なものではないでしょう」と、さるスポーツドクターがこう続ける。
「土踏まず周辺の腱が炎症を起こすと痛みが伴いますが、7月下旬の復帰を目指すのであれば、それほど心配することもない。しばらく安静にさえしていれば、症状は改善されるはずです。レントゲンを撮っても炎症が分かるわけではないし、ひょっとしたら世界ジュニアとアジア大会に向けて万全を期すために大事を取っただけかもしれません。桐生クラスの選手になれば、大会を欠場するにはそれなりの理由が必要ですからね」

 だとすれば、ひと安心――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る