欠場発表で波紋 桐生祥秀「右足炎症」の深刻度

公開日: 更新日:

「(8日の)日本選手権のときから足裏に違和感があった。今後の貴重な大会で成果を上げるためにも、少し休むことを決断した」

 東洋大を通じて、20日開幕の日本学生個人選手権(神奈川・平塚)と29日の布勢スプリント(鳥取)の欠場を発表したのが桐生祥秀(18)だ。

 東洋大によれば100メートルで初優勝した日本選手権後、国立スポーツ科学センター診療所で精密検査を受け、疲労性の炎症と診断されたという。現在は練習をしていないものの、7月下旬の世界ジュニア選手権(米オレゴン州)と9月のアジア大会(韓国・仁川)の出場を目指すという。

「足底腱膜炎が考えられますが、さほど深刻なものではないでしょう」と、さるスポーツドクターがこう続ける。
「土踏まず周辺の腱が炎症を起こすと痛みが伴いますが、7月下旬の復帰を目指すのであれば、それほど心配することもない。しばらく安静にさえしていれば、症状は改善されるはずです。レントゲンを撮っても炎症が分かるわけではないし、ひょっとしたら世界ジュニアとアジア大会に向けて万全を期すために大事を取っただけかもしれません。桐生クラスの選手になれば、大会を欠場するにはそれなりの理由が必要ですからね」

 だとすれば、ひと安心――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  2. 2
    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

  3. 3
    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

  4. 4
    マルサに目をつけられた 川崎“ハイレベル”ソープ経営者のド派手生活と脱税手口

    マルサに目をつけられた 川崎“ハイレベル”ソープ経営者のド派手生活と脱税手口

  5. 5
    巨人は今年も「育成」大量指名か…“買い漁り”に他球団や大学から悲鳴とブーイング

    巨人は今年も「育成」大量指名か…“買い漁り”に他球団や大学から悲鳴とブーイング

もっと見る

  1. 6
    中田翔が二軍で打撃大爆発も居場所なし…巨人ファームは「とっとと一軍へ」が本音

    中田翔が二軍で打撃大爆発も居場所なし…巨人ファームは「とっとと一軍へ」が本音

  2. 7
    安倍前首相は真っ青…チルドレン90人“造反”で総裁選「高市氏支持」まとまらず

    安倍前首相は真っ青…チルドレン90人“造反”で総裁選「高市氏支持」まとまらず

  3. 8
    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

  4. 9
    ソフトB自力優勝消滅で崖っぷち…V逸なら再び浮上する「ポスト工藤」に城島アドバイザー

    ソフトB自力優勝消滅で崖っぷち…V逸なら再び浮上する「ポスト工藤」に城島アドバイザー

  5. 10
    神戸山口組の中核組織「山健組」分裂と兵庫県警が断定 ヤクザ業界にまた血の雨が降る

    神戸山口組の中核組織「山健組」分裂と兵庫県警が断定 ヤクザ業界にまた血の雨が降る