本田圭佑「虚像と実像」(15)「ネガティブなことは書くな!」

公開日: 更新日:

「本田ノート」は小4から始まった

 1964年、東京五輪にカヌー日本代表として出場した大叔父・大三郎。レスリングで3大会連続の五輪出場を果たした、いとこ違いの多聞(現本田多聞レスリングスクール代表)。日本のトップアスリートとなった2人には共通項がある。「ノート取り」を続けたことだ。

 五輪レベルの競技力を身につけるためには、「常に自分を見つめ直す」必要がある。そう思った大三郎は、練習メニューや気付いたことなどを書き記す「ノート」の重要性を認識していた。

 ノートがあればいつでも読み返し、自分自身の足跡を振り返ることができる。多聞にもそう言い聞かせ、幼少期からノートを取らせていた大三郎は、本田にも小学4年の時に「これからは毎日、書くんだぞ」と言って表紙に「サッカー練習日誌」と大書した新品の大学ノートを手渡す。あわせて書き方の極意を教えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  6. 6

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    「ナギサさん」大森南朋が可愛すぎる家政夫にハマったワケ

もっと見る