本田圭佑「虚像と実像」(15)「ネガティブなことは書くな!」

公開日:  更新日:

「本田ノート」は小4から始まった

 1964年、東京五輪にカヌー日本代表として出場した大叔父・大三郎。レスリングで3大会連続の五輪出場を果たした、いとこ違いの多聞(現本田多聞レスリングスクール代表)。日本のトップアスリートとなった2人には共通項がある。「ノート取り」を続けたことだ。

 五輪レベルの競技力を身につけるためには、「常に自分を見つめ直す」必要がある。そう思った大三郎は、練習メニューや気付いたことなどを書き記す「ノート」の重要性を認識していた。

 ノートがあればいつでも読み返し、自分自身の足跡を振り返ることができる。多聞にもそう言い聞かせ、幼少期からノートを取らせていた大三郎は、本田にも小学4年の時に「これからは毎日、書くんだぞ」と言って表紙に「サッカー練習日誌」と大書した新品の大学ノートを手渡す。あわせて書き方の極意を教えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

もっと見る