• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本田圭佑「虚像と実像」(10)全裸で立ち尽くしたのも束の間…

仲間との賭けに負け赤っ恥

「おい、見とけよ! 絶対、向こう岸に行って戻ってきたる!」
 服を脱ぎ捨てフルチンになった本田は、G大阪ジュニアユースのチームメートに豪語すると、真っ暗な川面に向かって飛び込んだ。

 息をのむ仲間たち。河口付近の流れは想像以上に速く、本田はすぐに海側に流され始めた。

 慌てふためいたチームメートは、大声で引き返すように叫んだ。仲間たちの手を借りて何とか岸に上がった本田。羞恥心と屈辱感で顔を伏せ、スッポンポンのまま立ち尽くす。しかし、殊勝な態度は一瞬だけ。胸を張り、堂々とこう言い放った。

「今日はちょっと暗かったし、向こう側が見えんかったからな。距離がつかめんかったし、意外と川の流れも速かった。まぁ、周りが明るかったら間違いなく出来ていたはずやけどな」

 一部始終を目撃していた與(あたえ)貴行(現G大阪ジュニアユースコーチ)が振り返る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る