本田圭佑「虚像と実像」(10)全裸で立ち尽くしたのも束の間…

公開日: 更新日:

仲間との賭けに負け赤っ恥

「おい、見とけよ! 絶対、向こう岸に行って戻ってきたる!」
 服を脱ぎ捨てフルチンになった本田は、G大阪ジュニアユースのチームメートに豪語すると、真っ暗な川面に向かって飛び込んだ。

 息をのむ仲間たち。河口付近の流れは想像以上に速く、本田はすぐに海側に流され始めた。

 慌てふためいたチームメートは、大声で引き返すように叫んだ。仲間たちの手を借りて何とか岸に上がった本田。羞恥心と屈辱感で顔を伏せ、スッポンポンのまま立ち尽くす。しかし、殊勝な態度は一瞬だけ。胸を張り、堂々とこう言い放った。

「今日はちょっと暗かったし、向こう側が見えんかったからな。距離がつかめんかったし、意外と川の流れも速かった。まぁ、周りが明るかったら間違いなく出来ていたはずやけどな」

 一部始終を目撃していた與(あたえ)貴行(現G大阪ジュニアユースコーチ)が振り返る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  3. 3

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  4. 4

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  5. 5

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  6. 6

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  7. 7

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  8. 8

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  9. 9

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

  10. 10

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

もっと見る