本田圭佑「虚像と実像」(11)中学時代に受けた“クビ通告”

公開日:  更新日:

 どのJクラブでも、ジュニアユースからプロ予備軍に当たる高校生年代の「ユース」に昇格できるのは、狭き門を突破した一部選手だけ。本田もガンバ大阪ユースへの自動昇格を狙っていた。しかし、中学3年間、サブに甘んじていた本田に声は掛からなかった。

 G大阪の元育成普及部長・上野山信行(現アカデミー本部・強化本部担当顧問)は、少しだけ渋い表情を浮かべながら当時の経緯を説明した。

「技術、メンタル、戦術は合格点だった。ジュニアユースに入れた時点では、『もしかしたら伸びるかな?』と可能性は感じていました。でも、ユースに昇格したとして3年後のプロ契約を見据えた場合、やはり圭佑のフィジカル、スピードでは厳しいと判断しました。そもそも、我々が《パス&ゴー》を要求しても、ピッチ上でやろうとしなかった。それなら、ガンバよりも圭佑自身を生かせるステージでやった方がいい。そういう判断に至ったというわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る