本田圭佑「虚像と実像」(14)へこたれないオリンピアンの血脈

公開日:  更新日:

「弱い者の集まり」

■親族3人が五輪出場

 名門ACミランに加入して4カ月半。本田は精彩を欠いた。セリエA出場は14試合。フル出場は6試合。サブ3試合にベンチ外も4試合あった。チームメートやサポーターから信頼を勝ち得たとは言えず、ピッチ上で孤立感ばかりが際立った。

 それでもセリエA全日程終了後、報道陣の前で「こんな苦労したシーズンはなかった? CSKAで、名古屋でどれだけベンチに座ったか。オランダでは半年で2部に落ちた。ガンバではユースに上がれなかった……」と話しつつも、「時間が経てば(ミランでの)状況も変わる。その時、自分の良さを出せる状況にさせられれば、ミランのファンを喜ばせることが出来る」と言い切った。

 決してへこたれない強靭(きようじん)なメンタルは、本田ファミリーが持っている「オリンピアンの血脈」が関係しているのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る