本田圭佑「虚像と実像」(14)へこたれないオリンピアンの血脈

公開日:  更新日:

「弱い者の集まり」

■親族3人が五輪出場

 名門ACミランに加入して4カ月半。本田は精彩を欠いた。セリエA出場は14試合。フル出場は6試合。サブ3試合にベンチ外も4試合あった。チームメートやサポーターから信頼を勝ち得たとは言えず、ピッチ上で孤立感ばかりが際立った。

 それでもセリエA全日程終了後、報道陣の前で「こんな苦労したシーズンはなかった? CSKAで、名古屋でどれだけベンチに座ったか。オランダでは半年で2部に落ちた。ガンバではユースに上がれなかった……」と話しつつも、「時間が経てば(ミランでの)状況も変わる。その時、自分の良さを出せる状況にさせられれば、ミランのファンを喜ばせることが出来る」と言い切った。

 決してへこたれない強靭(きようじん)なメンタルは、本田ファミリーが持っている「オリンピアンの血脈」が関係しているのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る