56年ぶりの“汚点”に現実味帯びる「イギリス代表チーム」

公開日:  更新日:

 すでに56年ぶりのW杯グループリーグ敗退が決まっているイングランドは、コスタリカと引き分け。結局1勝もできないまま、帰路についた。

 「弱いイングランド」に失望した国民から出てきたのが、「統一チーム」の創設の声だ。

 イギリスはイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの連合国。五輪では、これらが「1国」となり選手団を派遣、結果を残している。しかし、サッカーでは各国が代表チームを形成するため、結果を残せない傾向が強まっている。今大会の惨敗を機に、「連合チーム」を形成する動きが加速する可能性がある。

 イギリス各国のサッカー協会同士は仲が悪く、ひと筋縄ではいかないが、「サッカーの母国」が今大会で弱さを露呈してしまっただけに、なりふりかまっていられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る