56年ぶりの“汚点”に現実味帯びる「イギリス代表チーム」

公開日: 更新日:

 すでに56年ぶりのW杯グループリーグ敗退が決まっているイングランドは、コスタリカと引き分け。結局1勝もできないまま、帰路についた。

 「弱いイングランド」に失望した国民から出てきたのが、「統一チーム」の創設の声だ。

 イギリスはイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの連合国。五輪では、これらが「1国」となり選手団を派遣、結果を残している。しかし、サッカーでは各国が代表チームを形成するため、結果を残せない傾向が強まっている。今大会の惨敗を機に、「連合チーム」を形成する動きが加速する可能性がある。

 イギリス各国のサッカー協会同士は仲が悪く、ひと筋縄ではいかないが、「サッカーの母国」が今大会で弱さを露呈してしまっただけに、なりふりかまっていられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  8. 8

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る