松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

おいおい、プロ野球でも「特定秘密保護法」か?

公開日:  更新日:

■ファンをやきもきさせた 日ハム大谷の五回降板

 日本ハムの大谷(19)が広島のマエケンと華々しく投げ合った札幌ドームの交流戦中継をCS放送で見た。パ・リーグ投手最速、160キロのストレートで丸を空振り三振に仕留めた一球は凄かった。「腕を振って投げたらどれぐらいかを確かめたかった」と、投球直後に大型ビジョンの速度表示を振り返る自信に満ちた表情に、プロ野球ファンとして度肝を抜かれた。

 その大谷が六回から突如交代した途端に、彼の情報は中継放送から消えた。解説者氏は直感的に「ランナーとして三塁からホームにスライディングした際に足を痛めたんじゃないですかね?」と言ったが、女性ベンチリポーターは広島のバッターの情報まで細かく丁寧に伝えるも、大谷については何も報じない。

 解説者氏、とうとうしびれを切らし、「で? 大谷の情報はどうですか?」と尋ねるも、「何も入ってきません」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る