松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

おいおい、プロ野球でも「特定秘密保護法」か?

公開日:  更新日:

■ファンをやきもきさせた 日ハム大谷の五回降板

 日本ハムの大谷(19)が広島のマエケンと華々しく投げ合った札幌ドームの交流戦中継をCS放送で見た。パ・リーグ投手最速、160キロのストレートで丸を空振り三振に仕留めた一球は凄かった。「腕を振って投げたらどれぐらいかを確かめたかった」と、投球直後に大型ビジョンの速度表示を振り返る自信に満ちた表情に、プロ野球ファンとして度肝を抜かれた。

 その大谷が六回から突如交代した途端に、彼の情報は中継放送から消えた。解説者氏は直感的に「ランナーとして三塁からホームにスライディングした際に足を痛めたんじゃないですかね?」と言ったが、女性ベンチリポーターは広島のバッターの情報まで細かく丁寧に伝えるも、大谷については何も報じない。

 解説者氏、とうとうしびれを切らし、「で? 大谷の情報はどうですか?」と尋ねるも、「何も入ってきません」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る