松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

おいおい、プロ野球でも「特定秘密保護法」か?

公開日: 更新日:

■ファンをやきもきさせた 日ハム大谷の五回降板

 日本ハムの大谷(19)が広島のマエケンと華々しく投げ合った札幌ドームの交流戦中継をCS放送で見た。パ・リーグ投手最速、160キロのストレートで丸を空振り三振に仕留めた一球は凄かった。「腕を振って投げたらどれぐらいかを確かめたかった」と、投球直後に大型ビジョンの速度表示を振り返る自信に満ちた表情に、プロ野球ファンとして度肝を抜かれた。

 その大谷が六回から突如交代した途端に、彼の情報は中継放送から消えた。解説者氏は直感的に「ランナーとして三塁からホームにスライディングした際に足を痛めたんじゃないですかね?」と言ったが、女性ベンチリポーターは広島のバッターの情報まで細かく丁寧に伝えるも、大谷については何も報じない。

 解説者氏、とうとうしびれを切らし、「で? 大谷の情報はどうですか?」と尋ねるも、「何も入ってきません」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  9. 9

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  10. 10

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る