デモ報道、多様な気候…ブラジルという国の“誤解”を解く

公開日:  更新日:

 スタジアムの建設が大幅に遅れ、W杯反対デモが頻発──。64年ぶりのブラジルW杯は開幕直前まで開催が危ぶまれた。

 大会が始まり、グループリーグ1巡目を終えてみると、平均観客数4万9757人。リオデジャネイロで行われたアルゼンチン─ボスニア戦には7万4738人を集めた。観客の熱気がピッチに流れ込んだか、1試合当たりの平均ゴール数は3・06にまで伸びた。

 そもそもブラジルという国は誤解されがちだ。

 実はブラジルの労働者は手厚く法で守られている。スタジアムでの建設事故後、完成が直前まで遅れたのは労働者に対する対策を講じなければならなかったことも一因だ。

 また、デモやストライキもブラジルでは日常茶飯事である。今回厄介だったのは、今年10月にブラジル大統領選挙が予定されていることだ。さまざまな労働団体が、政権に対してW杯を「人質」として取引をもくろんだ。これらは通常の民主主義国家に伴うリスクである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る