ブラジルに暗雲…4強入りもネイマールが腰椎骨折で絶望

公開日:  更新日:

 ブラジルW杯は日本時間5日に準々決勝2試合が行われ、欧州勢同士と南米勢同士の戦いはドイツ、ブラジルの優勝候補が順当に勝ち進んだ。

 南米決戦のブラジル-コロンビア戦。試合はブラジルが前半9分、CKをチアゴ・シウバが足で合わせてブラジルが先制、後半24分にはダビド・ルイスが豪快なフリーキックを決めて2-0とリード。コロンビアの得点をMFロドリゲス(22)のPKにとどめ、優勝した02年日韓大会以来となるベスト4入りを果たした。

 しかし、ブラジルにとってコロンビア戦は、何とも後味の悪いモノとなってしまった。後半19分に主将のCBチアゴ・シウバ(29)がイエローカード。累積警告で準決勝は出場停止となった。

 そして同43分には、エースFWネイマール(22)が、背後から跳びヒザ蹴りを食らって昏倒。タンカで運び出された。病院で「腰椎の骨折」と診断され、チームドクターが「今大会すべて起用できない」と明言した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

もっと見る