ブラジルに暗雲…4強入りもネイマールが腰椎骨折で絶望

公開日: 更新日:

 ブラジルW杯は日本時間5日に準々決勝2試合が行われ、欧州勢同士と南米勢同士の戦いはドイツ、ブラジルの優勝候補が順当に勝ち進んだ。

 南米決戦のブラジル-コロンビア戦。試合はブラジルが前半9分、CKをチアゴ・シウバが足で合わせてブラジルが先制、後半24分にはダビド・ルイスが豪快なフリーキックを決めて2-0とリード。コロンビアの得点をMFロドリゲス(22)のPKにとどめ、優勝した02年日韓大会以来となるベスト4入りを果たした。

 しかし、ブラジルにとってコロンビア戦は、何とも後味の悪いモノとなってしまった。後半19分に主将のCBチアゴ・シウバ(29)がイエローカード。累積警告で準決勝は出場停止となった。

 そして同43分には、エースFWネイマール(22)が、背後から跳びヒザ蹴りを食らって昏倒。タンカで運び出された。病院で「腰椎の骨折」と診断され、チームドクターが「今大会すべて起用できない」と明言した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  10. 10

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

もっと見る