アルゼンチン暗雲 ディ・マリア不在でメッシ“攻撃力半減”も

公開日: 更新日:

 それは準々決勝ベルギー戦の前半30分だった。アルゼンチン代表FWディ・マリア(26)がシュート。相手DFにハネ返された瞬間、右太腿をさすりながらへたり込んだ。ディ・マリアは、あおむけになって両手で顔を覆ったまま動かなくなり、オランダ戦は出場できなくなった。

「アルゼンチンの準決勝進出の立役者ディ・マリアは、中盤を縦横無尽に走り回って“不動の”エースFWメッシを必死になってフォロー。決勝トーナメント1回戦のスイス戦では自ら決勝ゴールも決めてみせた。ディ・マリア不在は、アルゼンチンにとって大きなマイナス要因です」(現地で取材中のサッカージャーナリスト・森雅史氏)

 ディ・マリアと交代したMFペレス(28)は、1年半ぶりのサプライズ招集の影響もあって連係不足はアリアリ。1次リーグ3戦目で左太腿裏を痛め、今大会絶望といわれたFWアグエロ(26)の練習復帰(3日)は朗報だが、故障明けなのでムリはさせられない。また、準々決勝で今大会初ゴールを挙げたFWイグアイン(26)の復調は好材料とはいえ、チーム状態は完璧とはいえない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    ヤクザ役で活躍「ピラニア軍団」故・志賀勝さんの強面伝説

  11. 10

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

もっと見る