焼肉店経営の旭道山和泰 モンゴル横綱誕生の立役者だった

公開日: 更新日:

 ニックネームは“南海のハブ”。106キロの幕内最軽量ながら、小結まで上り詰めた元大島部屋の旭道山和泰さん(49)だ。96年10月の衆院選・比例区近畿ブロックから出馬し、見事当選。新進党議員として約4年間、政界で活動した。さて、今どうしているのか。

 旭道山さんと会ったのは銀座の「KYOKU」。自らがプロデュースした鹿児島県産黒毛和牛専門の焼き肉店だ。

「今はここと新宿にある『ごっつぁん酒場両国』の営業に関わってます。チャンコ店の方は大島親方(元大関旭国)の女将さんの母親が始めたものを自分が引き継ぎましたが、『KYOKU』はリーマン・ショックで景気が冷え込んでる08年にオープンしましてね。何を考えてるんだって周囲には不思議がられましたよ。しかし、ピンチはチャンスっていうじゃないですか。店では鹿児島から黒毛和牛を直接取り寄せてる。まろやかなコクとうま味は絶品です。そうした極上の肉を提供すれば、必ずお客さんはついてくれると確信がありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  10. 9

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

  11. 10

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

もっと見る