焼肉店経営の旭道山和泰 モンゴル横綱誕生の立役者だった

公開日:  更新日:

 ニックネームは“南海のハブ”。106キロの幕内最軽量ながら、小結まで上り詰めた元大島部屋の旭道山和泰さん(49)だ。96年10月の衆院選・比例区近畿ブロックから出馬し、見事当選。新進党議員として約4年間、政界で活動した。さて、今どうしているのか。

 旭道山さんと会ったのは銀座の「KYOKU」。自らがプロデュースした鹿児島県産黒毛和牛専門の焼き肉店だ。

「今はここと新宿にある『ごっつぁん酒場両国』の営業に関わってます。チャンコ店の方は大島親方(元大関旭国)の女将さんの母親が始めたものを自分が引き継ぎましたが、『KYOKU』はリーマン・ショックで景気が冷え込んでる08年にオープンしましてね。何を考えてるんだって周囲には不思議がられましたよ。しかし、ピンチはチャンスっていうじゃないですか。店では鹿児島から黒毛和牛を直接取り寄せてる。まろやかなコクとうま味は絶品です。そうした極上の肉を提供すれば、必ずお客さんはついてくれると確信がありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る