焼肉店経営の旭道山和泰 モンゴル横綱誕生の立役者だった

公開日: 更新日:

 ニックネームは“南海のハブ”。106キロの幕内最軽量ながら、小結まで上り詰めた元大島部屋の旭道山和泰さん(49)だ。96年10月の衆院選・比例区近畿ブロックから出馬し、見事当選。新進党議員として約4年間、政界で活動した。さて、今どうしているのか。

 旭道山さんと会ったのは銀座の「KYOKU」。自らがプロデュースした鹿児島県産黒毛和牛専門の焼き肉店だ。

「今はここと新宿にある『ごっつぁん酒場両国』の営業に関わってます。チャンコ店の方は大島親方(元大関旭国)の女将さんの母親が始めたものを自分が引き継ぎましたが、『KYOKU』はリーマン・ショックで景気が冷え込んでる08年にオープンしましてね。何を考えてるんだって周囲には不思議がられましたよ。しかし、ピンチはチャンスっていうじゃないですか。店では鹿児島から黒毛和牛を直接取り寄せてる。まろやかなコクとうま味は絶品です。そうした極上の肉を提供すれば、必ずお客さんはついてくれると確信がありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

もっと見る