焼肉店経営の旭道山和泰 モンゴル横綱誕生の立役者だった

公開日: 更新日:

 ニックネームは“南海のハブ”。106キロの幕内最軽量ながら、小結まで上り詰めた元大島部屋の旭道山和泰さん(49)だ。96年10月の衆院選・比例区近畿ブロックから出馬し、見事当選。新進党議員として約4年間、政界で活動した。さて、今どうしているのか。

 旭道山さんと会ったのは銀座の「KYOKU」。自らがプロデュースした鹿児島県産黒毛和牛専門の焼き肉店だ。

「今はここと新宿にある『ごっつぁん酒場両国』の営業に関わってます。チャンコ店の方は大島親方(元大関旭国)の女将さんの母親が始めたものを自分が引き継ぎましたが、『KYOKU』はリーマン・ショックで景気が冷え込んでる08年にオープンしましてね。何を考えてるんだって周囲には不思議がられましたよ。しかし、ピンチはチャンスっていうじゃないですか。店では鹿児島から黒毛和牛を直接取り寄せてる。まろやかなコクとうま味は絶品です。そうした極上の肉を提供すれば、必ずお客さんはついてくれると確信がありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

  2. 2
    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

  3. 3
    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

  4. 4
    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

  5. 5
    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

もっと見る

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

  3. 8
    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

  4. 9
    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

  5. 10
    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)