関脇時代も安定感に欠け 新大関・豪栄道は地位確保が精一杯

公開日: 更新日:

「大和魂を貫いてまいります」

 30日の伝達式で、力強く口上を述べた新大関の豪栄道(28)。これで琴奨菊、稀勢の里に続いて日本人大関は3人目。先輩2人が優勝と無縁の中、豪栄道に期待されているのはもちろん、03年に引退した貴乃花(現親方)以来となる日本人横綱だ。

 身長183センチ、156キロと決して体格には恵まれてはいない。もともとは引き技や切り返しなど何でもござれの業師。むしろ小手先の技頼みだった。

 ある相撲記者は「正攻法の相撲を取れるようになったのはここ数場所です」とこう言う。

「昭和以降最長となる、関脇連続在位14場所という経験が生きたのでしょう。以前は踏み込む力が弱く、上位陣に当たり負けし続けてきた。それだけに自分に何が足りないか、嫌というほど思い知らされたはず。立ち合いの圧力が増したので、相手が大関や横綱でも正面からぶつかって相撲を取れるようになった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る