“二足のわらじで”延べ30年指揮 八頭(鳥取)の徳永監督に聞く

公開日: 更新日:

 21日登場する八頭(鳥取)は、田んぼや畑に囲まれたのどかな場所にある県立校。徳永昌平監督(60)は78年に初めて監督になり、2度のブランクを経て06年秋に3度目の監督復帰。延べ30年、八頭を率いている。母校の八頭を卒業後、駒大に進学するも中退。教員でも学校職員でもなく、街のスポーツ用品店に勤めるサラリーマンという異色の経歴をもつ監督に、二足のわらじをはく大変さなどを聞いた。

――監督は学校の先生ではなく、スポーツ用品店に勤めているそうですね。

「23歳の時から『智頭スポーツ』に勤めて、かれこれ37年目。八頭の監督をやることになって、ウチで働きながらやってみなさいと、今の会長に拾ってもらいました。会社の人数は会長と社長、私と経理の女性の4人ですね」

――二足のわらじは大変ですか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  6. 6

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  7. 7

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  8. 8

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  9. 9

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る