• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“二足のわらじで”延べ30年指揮 八頭(鳥取)の徳永監督に聞く

 21日登場する八頭(鳥取)は、田んぼや畑に囲まれたのどかな場所にある県立校。徳永昌平監督(60)は78年に初めて監督になり、2度のブランクを経て06年秋に3度目の監督復帰。延べ30年、八頭を率いている。母校の八頭を卒業後、駒大に進学するも中退。教員でも学校職員でもなく、街のスポーツ用品店に勤めるサラリーマンという異色の経歴をもつ監督に、二足のわらじをはく大変さなどを聞いた。

――監督は学校の先生ではなく、スポーツ用品店に勤めているそうですね。

「23歳の時から『智頭スポーツ』に勤めて、かれこれ37年目。八頭の監督をやることになって、ウチで働きながらやってみなさいと、今の会長に拾ってもらいました。会社の人数は会長と社長、私と経理の女性の4人ですね」

――二足のわらじは大変ですか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る