日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“二足のわらじで”延べ30年指揮 八頭(鳥取)の徳永監督に聞く

 21日登場する八頭(鳥取)は、田んぼや畑に囲まれたのどかな場所にある県立校。徳永昌平監督(60)は78年に初めて監督になり、2度のブランクを経て06年秋に3度目の監督復帰。延べ30年、八頭を率いている。母校の八頭を卒業後、駒大に進学するも中退。教員でも学校職員でもなく、街のスポーツ用品店に勤めるサラリーマンという異色の経歴をもつ監督に、二足のわらじをはく大変さなどを聞いた。

――監督は学校の先生ではなく、スポーツ用品店に勤めているそうですね。

「23歳の時から『智頭スポーツ』に勤めて、かれこれ37年目。八頭の監督をやることになって、ウチで働きながらやってみなさいと、今の会長に拾ってもらいました。会社の人数は会長と社長、私と経理の女性の4人ですね」

――二足のわらじは大変ですか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事