日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

若手が次々に不調…ロッテに蔓延する“涌井スタイル”

「自分ひとりならなにをやっても勝手ですけど、将来のある若手に悪影響を及ぼさないでほしいんですけどね…」

 チーム関係者が顔をしかめる。開幕から一向に調子が上がらない涌井秀章(28)のことだ。

 鳴り物入りでロッテにFA入団しながら、開幕から絶不調。22日のソフトバンク戦も7回3失点で白星を飾れず、登板20試合で5勝10敗、防御率4.71。周囲の期待を裏切り続けている。にもかかわらず、グラウンドの外では元気いっぱい。西武時代と同様に若手を引き連れ、六本木や遠征地で夜の街に繰り出し、深夜まで飲み歩いているのだから、チーム関係者の嘆息も当然だ。

■師事した唐川は急降下

 涌井は西武時代から面倒見がいい。それゆえに慕う後輩も多いのだが、付き合う若手が次々と「不調」に追い込まれているのも事実。実際、今季のロッテでは唐川がいい例で、公私にわたり「師事」したおかげで成績が急降下。チームのエース格として期待されながら、ここまで1勝8敗、防御率5.82だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事