若手が次々に不調…ロッテに蔓延する“涌井スタイル”

公開日: 更新日:

「自分ひとりならなにをやっても勝手ですけど、将来のある若手に悪影響を及ぼさないでほしいんですけどね…」

 チーム関係者が顔をしかめる。開幕から一向に調子が上がらない涌井秀章(28)のことだ。

 鳴り物入りでロッテにFA入団しながら、開幕から絶不調。22日のソフトバンク戦も7回3失点で白星を飾れず、登板20試合で5勝10敗、防御率4.71。周囲の期待を裏切り続けている。にもかかわらず、グラウンドの外では元気いっぱい。西武時代と同様に若手を引き連れ、六本木や遠征地で夜の街に繰り出し、深夜まで飲み歩いているのだから、チーム関係者の嘆息も当然だ。

■師事した唐川は急降下

 涌井は西武時代から面倒見がいい。それゆえに慕う後輩も多いのだが、付き合う若手が次々と「不調」に追い込まれているのも事実。実際、今季のロッテでは唐川がいい例で、公私にわたり「師事」したおかげで成績が急降下。チームのエース格として期待されながら、ここまで1勝8敗、防御率5.82だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    FA市場の大物が売れ残る背景…“格下”より低い金額を拒否

  9. 9

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  10. 10

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

もっと見る