日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全米OPテニス 錦織圭4時間超の死闘を制し「4強」進出

 錦織圭(24)が96年ぶりの快挙だ。全米オープンテニス(3日、ニューヨーク)男子単準々決勝で錦織圭はS・ワウリンカ(スイス)をフルセットの末に破り、日本選手として1918年の熊谷一弥以来の4強進出を決めた。

 2日前、4時間19分の試合終了が夜中の2時26分の激闘の後だけに、第1セットの錦織の動きはさすがに重かった。「少し疲れていた」と認めるように、ワウリンカに押し込まれ3-6でセットを落とした。

 ワウリンカは1月に全豪オープンを勝った強豪。錦織は過去2戦2敗。1セットも取れず、完璧にやられている。しかし、そこから錦織の逆襲が始まった。前日、チャン・コーチと会場で対策を練った。ワウリンカは片手打ちのバックハンドが武器。粘り強い打ち合いと速い展開を織り交ぜ、ミスを誘う。12ゲームでワウリンカがダブルフォールト。サービスをブレークして、錦織は初めてワウリンカからセットを奪った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事