チリッチを“サーブの怪物”に変えたイワニセビッチ氏の徹底改造

公開日:  更新日:

 クロアチアの新鋭マリン・チリッチが4大大会で初優勝。賞金300万ドル(約3億1500万円)を手にした(2位は145万ドル=約1億5000万円)。 準決勝でロジャー・フェデラー(33)を破った強さはフロックではなかった。

 チリッチは、ジュニア時代から欧州ではトップクラスとして名を馳せ、05年世界スーパージュニア選手権で優勝。同年にプロ転向を果たした。198センチの長身を生かしたパワーあふれるプレーが持ち味だが、これまでは勝負どころでの粗さが目立った。昨年5月のBMWオープンではドーピング検査で陽性反応が出て、9カ月の出場停止処分が科された(後に4カ月間に短縮)。

 転機となったのは昨年12月。01年のウィンブルドン男子シングルス覇者で現役時代は高速サーブを武器としていた同じクロアチア人のゴラン・イワニセビッチ氏(42)のアドバイスを受けるようになった。今年1月に正式にコーチ契約を交わしたイワニセビッチ氏は、チリッチの長身とパワーを存分に生かすため、映像を使った動作解析などを用いて理想的なフォームを追求。昨季まではひざを曲げて打つなど、ボールに力が伝わりにくいフォームだったが、オフにマンツーマンで改良に励んだ。今大会、フェデラー、錦織を最後まで圧倒した最速200キロを超えるサーブを習得した。

 チリッチはボスニア・ヘルツェゴビナのメジュゴリエ出身。サッカー好きのテニスプレーヤーとして知られ、普段は母国クロアチア代表のユニホームを着用。熱狂的なACミランのサポーターで、自宅の部屋はチームグッズであふれているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る