錦織と全米オープン決勝争うチリッチ 「高速サーブ」進化の秘密

公開日: 更新日:

 日本中が注目する一戦だ。日本時間9日6時から行われるテニスの全米オープン男子シングルス決勝。セミファイナルで世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(27)を下した錦織圭(24=同11位)は、クロアチアのマリン・チリッチ(25=同16位)と対戦する。

 決勝を翌日に控えた錦織は、会場でチャンコーチとショット、サービスの練習を約1時間行った)。練習後、詰めかけたファンにサイン。「決勝進出は初で緊張もするだろう。しっかり準備したい。相手はサーブが良く、攻めが速い」と警戒した。

■イバニセビッチ氏コーチ就任後に変身

 錦織とチリッチの過去の対戦成績は5勝2敗。もっか錦織が3連勝中だが、チリッチは今季ツアーで2勝。今大会準決勝では過去5戦全敗のロジャー・フェデラー(33=同3位)に対し、210キロ以上の高速サーブをポイントに結びつけ圧勝した。現役時代は全豪女子シングルスでベスト8(77年)、78年全豪女子ダブルスで準優勝し、現在は日本プロテニス協会理事長を務める佐藤直子氏が、チリッチの快進撃をこう分析する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  4. 4

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    小池知事の肝いり感染防止策は“ザル”…夜の街からは憤りが

  7. 7

    フワちゃんが見せた気遣い「徹子の部屋」の“さん付け”話題

  8. 8

    日本政府が恐怖の見切り発車「GoTo」感染拡大へまっしぐら

  9. 9

    コロナ禍で強行 麻生派「飲食なし」2万円パーティーの中身

  10. 10

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

もっと見る