錦織の全米OP4強入りで加速する「アスリートの青田買い」

公開日:  更新日:

 テニスの全米オープン男子シングルス準決勝は日本時間7日1時に錦織圭(24=世界ランク11位)と同1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)との対戦となる。

 2人はともにユニクロと「グローバルブランドアンバサダー」契約を締結している選手。特に錦織は、日本男子としては戦後初の4大大会4強入りということで、ユニクロを傘下に持つファーストリテイリングの株価を押し上げている。

 ユニクロは昨年のマスターズ覇者、プロゴルファーのA・スコットとマスターズ直前に契約。穴馬券と言っては失礼だが、業界では「スコットと錦織は当たった」ともっぱらだ。

 あるマネジメント会社幹部がこういう。

「有名な選手とスポンサー契約すれば大金がかかる。世界市場を相手にする企業なら、海外の選手でもいいから青田買いをしたい。サッカー、ゴルフ、テニス、ラグビー、バスケット、陸上などがおいしい市場です。例えば、中国のサッカーは大手メーカーのA社がサポートしているが、国としてジュニアの育成に力を注ぎ出した今、あらゆるメーカーにチャンスがある。すでに中国ではサッカー人気を見越して、関連株も上がっている。サッカー好きの国民は6月のW杯に自国代表が出場できなかったことに落胆。ネットでは、韓国、日本がうらやましいという書き込みが氾濫した。グッズやウエアなど、サッカー関連で動き出しているメーカーはあります」

 スポンサーのターゲットは大市場と世界で戦える選手だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る