錦織の全米OP4強入りで加速する「アスリートの青田買い」

公開日: 更新日:

 テニスの全米オープン男子シングルス準決勝は日本時間7日1時に錦織圭(24=世界ランク11位)と同1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)との対戦となる。

 2人はともにユニクロと「グローバルブランドアンバサダー」契約を締結している選手。特に錦織は、日本男子としては戦後初の4大大会4強入りということで、ユニクロを傘下に持つファーストリテイリングの株価を押し上げている。

 ユニクロは昨年のマスターズ覇者、プロゴルファーのA・スコットとマスターズ直前に契約。穴馬券と言っては失礼だが、業界では「スコットと錦織は当たった」ともっぱらだ。

 あるマネジメント会社幹部がこういう。

「有名な選手とスポンサー契約すれば大金がかかる。世界市場を相手にする企業なら、海外の選手でもいいから青田買いをしたい。サッカー、ゴルフ、テニス、ラグビー、バスケット、陸上などがおいしい市場です。例えば、中国のサッカーは大手メーカーのA社がサポートしているが、国としてジュニアの育成に力を注ぎ出した今、あらゆるメーカーにチャンスがある。すでに中国ではサッカー人気を見越して、関連株も上がっている。サッカー好きの国民は6月のW杯に自国代表が出場できなかったことに落胆。ネットでは、韓国、日本がうらやましいという書き込みが氾濫した。グッズやウエアなど、サッカー関連で動き出しているメーカーはあります」

 スポンサーのターゲットは大市場と世界で戦える選手だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  11. 10

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

もっと見る