スイスの17歳新星ベンチッチ テニスの師匠はヒンギス母娘

公開日: 更新日:

 これで17歳というのだから、これからどんな選手に成長するのか。スイスの新星プロテニスプレーヤー、ベリンダ・ベンチッチ(17)だ。

 15日から本戦が始まった女子プロテニスの東レ・パンパシフィック・オープン。ベンチッチは全米オープン女子シングルスで8強入りしたことで、今大会に主催者推薦で今大会に出場。すると、初戦でいきなりジャイアント・キリングをしてのけた。相手のクズネツォワはシングルスでは全米、全仏オープンを制し、ダブルスでも全豪オープンで05、12年に優勝した実力者。ベンチッチはそんなグランドスラム優勝経験者を、6-3、6-0とわずか1時間7分で料理したのだ。

 テニスの師匠はかつて一世を風靡したマルチナ・ヒンギス(33)の実母メラニー・モリターさん。ヒンギス本人も現在、ベンチッチのメンター(相談相手、アドバイザー)を務めている。今回の東レでは、新旧天才少女コンビとして、ヒンギスとダブルスも組む。

 プロ初勝利が去年の東レと、今大会との相性もいい。「日本ではいつもいい成績が残せているわ」と笑顔のベンチッチ。躍動する17歳にファンはくぎ付けだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  7. 7

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

  8. 8

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    突如「コロナ専門病院」発表で一般患者が追い出されている

もっと見る