スイスの17歳新星ベンチッチ テニスの師匠はヒンギス母娘

公開日: 更新日:

 これで17歳というのだから、これからどんな選手に成長するのか。スイスの新星プロテニスプレーヤー、ベリンダ・ベンチッチ(17)だ。

 15日から本戦が始まった女子プロテニスの東レ・パンパシフィック・オープン。ベンチッチは全米オープン女子シングルスで8強入りしたことで、今大会に主催者推薦で今大会に出場。すると、初戦でいきなりジャイアント・キリングをしてのけた。相手のクズネツォワはシングルスでは全米、全仏オープンを制し、ダブルスでも全豪オープンで05、12年に優勝した実力者。ベンチッチはそんなグランドスラム優勝経験者を、6-3、6-0とわずか1時間7分で料理したのだ。

 テニスの師匠はかつて一世を風靡したマルチナ・ヒンギス(33)の実母メラニー・モリターさん。ヒンギス本人も現在、ベンチッチのメンター(相談相手、アドバイザー)を務めている。今回の東レでは、新旧天才少女コンビとして、ヒンギスとダブルスも組む。

 プロ初勝利が去年の東レと、今大会との相性もいい。「日本ではいつもいい成績が残せているわ」と笑顔のベンチッチ。躍動する17歳にファンはくぎ付けだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  2. 2

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  3. 3

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  6. 6

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  7. 7

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  8. 8

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  9. 9

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  10. 10

    巨人は来オフ燕・山田哲狙いか “キーマン”吉川尚に正念場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る