ロッテ涌井7勝目 お立ち台で安堵も…白星はまたしても敵地

公開日: 更新日:

「勝ててホッとしています。今日は全体的に良かった。ようやく、やってきたことが実を結んできたかなと」

 15日のソフトバンク戦後のお立ち台でこう語ったのが、ロッテの涌井秀章(28)だ。この日はキレのある直球、変化球を低めに集め、七回途中5安打1失点。自身7勝目(11敗)を挙げ、復活を予感させる内容ではあった。

 とはいえ、喜んでばかりもいられない。

 涌井の今季白星はこの日を含め全て敵地で挙げたもの。本拠地(QVCマリン)では11度の先発で0勝5敗、防御率4.60でいまだに1勝もしていない。抑えが中心だった西武時代の昨年こそQVCマリンでは5試合1勝1敗1S、防御率2.02も、一昨年は4試合で0勝1敗1S、防御率9.82と散々。いくら敵地で勝ち星を増やしても、本拠地での成績が芳しくなければロッテのエースとして活躍するのは厳しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る