日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ロッテ涌井7勝目 お立ち台で安堵も…白星はまたしても敵地

「勝ててホッとしています。今日は全体的に良かった。ようやく、やってきたことが実を結んできたかなと」

 15日のソフトバンク戦後のお立ち台でこう語ったのが、ロッテの涌井秀章(28)だ。この日はキレのある直球、変化球を低めに集め、七回途中5安打1失点。自身7勝目(11敗)を挙げ、復活を予感させる内容ではあった。

 とはいえ、喜んでばかりもいられない。

 涌井の今季白星はこの日を含め全て敵地で挙げたもの。本拠地(QVCマリン)では11度の先発で0勝5敗、防御率4.60でいまだに1勝もしていない。抑えが中心だった西武時代の昨年こそQVCマリンでは5試合1勝1敗1S、防御率2.02も、一昨年は4試合で0勝1敗1S、防御率9.82と散々。いくら敵地で勝ち星を増やしても、本拠地での成績が芳しくなければロッテのエースとして活躍するのは厳しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事