ロッテ涌井7勝目 お立ち台で安堵も…白星はまたしても敵地

公開日: 更新日:

「勝ててホッとしています。今日は全体的に良かった。ようやく、やってきたことが実を結んできたかなと」

 15日のソフトバンク戦後のお立ち台でこう語ったのが、ロッテ涌井秀章(28)だ。この日はキレのある直球、変化球を低めに集め、七回途中5安打1失点。自身7勝目(11敗)を挙げ、復活を予感させる内容ではあった。

 とはいえ、喜んでばかりもいられない。

 涌井の今季白星はこの日を含め全て敵地で挙げたもの。本拠地(QVCマリン)では11度の先発で0勝5敗、防御率4.60でいまだに1勝もしていない。抑えが中心だった西武時代の昨年こそQVCマリンでは5試合1勝1敗1S、防御率2.02も、一昨年は4試合で0勝1敗1S、防御率9.82と散々。いくら敵地で勝ち星を増やしても、本拠地での成績が芳しくなければロッテのエースとして活躍するのは厳しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  9. 9

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る