ロッテのフロント陣が複雑な思いで西武3連戦を見守る理由

公開日: 更新日:

 ロッテのフロント陣が25日から始まった西武との3連戦を複雑な気持ちで見守っている。

 大枚をはたいて西武から獲得した選手が一向に活躍しない一方、「見切り」をつけた選手が次々と西武の戦力になりつつあるからだ。

「渋チン」といわれるロッテは昨オフ、珍しくFA補強に参戦。総額およそ5億円を投じて西武の涌井秀章(28)を獲得した。ところが、その涌井はシーズン序盤から周囲の期待を裏切り続け、ここまで3勝8敗、防御率4・52。26日に一軍復帰するものの、ここまで二軍での調整を強いられるなど精彩を欠いている。

 その涌井の人的補償でロッテから西武に移籍した中郷大樹(29)は現在、中継ぎとして欠かせない存在に。

 さらに今月22日には、12年オフにロッテが入団テストで「不合格」の烙印を押した小林宏之(36=元ロッテ、阪神)が年俸600万円で西武に加入した。一軍登録されたこの日、さっそく六回から登板。2四球を与えながらも1回を無安打無失点に抑えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る