ロッテのフロント陣が複雑な思いで西武3連戦を見守る理由

公開日: 更新日:

 ロッテのフロント陣が25日から始まった西武との3連戦を複雑な気持ちで見守っている。

 大枚をはたいて西武から獲得した選手が一向に活躍しない一方、「見切り」をつけた選手が次々と西武の戦力になりつつあるからだ。

「渋チン」といわれるロッテは昨オフ、珍しくFA補強に参戦。総額およそ5億円を投じて西武の涌井秀章(28)を獲得した。ところが、その涌井はシーズン序盤から周囲の期待を裏切り続け、ここまで3勝8敗、防御率4・52。26日に一軍復帰するものの、ここまで二軍での調整を強いられるなど精彩を欠いている。

 その涌井の人的補償でロッテから西武に移籍した中郷大樹(29)は現在、中継ぎとして欠かせない存在に。

 さらに今月22日には、12年オフにロッテが入団テストで「不合格」の烙印を押した小林宏之(36=元ロッテ、阪神)が年俸600万円で西武に加入した。一軍登録されたこの日、さっそく六回から登板。2四球を与えながらも1回を無安打無失点に抑えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  9. 8

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    貯蓄額1500万円の家庭が実践する資産を増やす“4つの方法”

もっと見る