ドカベン香川伸行氏が語っていたプロ引退後の“波瀾万丈”

公開日:  更新日:

「引退してからきょうまでの21年間は正直、波瀾万丈でした」

 さる26日、心筋梗塞のため52歳で亡くなった元南海ホークスの香川伸行氏は2010年5月、日刊ゲンダイのインタビューでこう語っていた。確かに、89年に27歳の若さでユニホームを脱いでからの「ドカベン」の人生は、まさに山あり谷ありだった。

■3度の結婚と自己破産

 九州を中心に野球評論家として活動する一方、讃岐うどんの通信販売業に乗り出すなど、引退後しばらくは生活基盤も安定していた。が、01年に急性腎不全になり、週3回の人工透析を余儀なくされてからは、苦労が多かった。テレビ局との契約は打ち切られ、オープンした居酒屋も閉店。監督を務めていた社会人野球チームもなくなった。08年に自宅が差し押さえられ、10年には自己破産した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る