日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドカベン香川伸行氏が語っていたプロ引退後の“波瀾万丈”

「引退してからきょうまでの21年間は正直、波瀾万丈でした」

 さる26日、心筋梗塞のため52歳で亡くなった元南海ホークスの香川伸行氏は2010年5月、日刊ゲンダイのインタビューでこう語っていた。確かに、89年に27歳の若さでユニホームを脱いでからの「ドカベン」の人生は、まさに山あり谷ありだった。

■3度の結婚と自己破産

 九州を中心に野球評論家として活動する一方、讃岐うどんの通信販売業に乗り出すなど、引退後しばらくは生活基盤も安定していた。が、01年に急性腎不全になり、週3回の人工透析を余儀なくされてからは、苦労が多かった。テレビ局との契約は打ち切られ、オープンした居酒屋も閉店。監督を務めていた社会人野球チームもなくなった。08年に自宅が差し押さえられ、10年には自己破産した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事