ドカベン香川伸行氏が語っていたプロ引退後の“波瀾万丈”

公開日: 更新日:

「引退してからきょうまでの21年間は正直、波瀾万丈でした」

 さる26日、心筋梗塞のため52歳で亡くなった元南海ホークスの香川伸行氏は2010年5月、日刊ゲンダイのインタビューでこう語っていた。確かに、89年に27歳の若さでユニホームを脱いでからの「ドカベン」の人生は、まさに山あり谷ありだった。

■3度の結婚と自己破産

 九州を中心に野球評論家として活動する一方、讃岐うどんの通信販売業に乗り出すなど、引退後しばらくは生活基盤も安定していた。が、01年に急性腎不全になり、週3回の人工透析を余儀なくされてからは、苦労が多かった。テレビ局との契約は打ち切られ、オープンした居酒屋も閉店。監督を務めていた社会人野球チームもなくなった。08年に自宅が差し押さえられ、10年には自己破産した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る