ヤクルト真中満新監督が就任早々語った「チーム再建策」

公開日: 更新日:

──真中監督が現役時代に仕えた野村克也監督の影響もあるんでしょうか?

「野村さんは自分が言うまでもなく確固たる理論を持った方。学んだことは参考にしたいし、僕が目指す『考える野球』というのは野村さんの教えがベースになっている部分もあります。野村さんは日頃から『指導者の立場になって野球を見ろ』とおっしゃられていた。だから現役時代は常に『根拠』を持ってプレーすることを心掛けていたつもりです。引退して二軍コーチになった時には現役当時に記した講義ノートを読み返し、たとえば選手がつまずいた時は『こういうやり方があるんだよ』と、たくさんの引き出しを持てる指導者になろうと思ってやってきました」

──チームは2年連続最下位。立て直せますか?

「投手力、守備を含めたディフェンスが他球団と比べて劣っていると言わざるを得ません。ただ先発については、ドラフト1位の杉浦も含めて、後半から若い投手が出てきた。来年、ある程度やってくれるんじゃないかという期待はある。抑えを含めたリリーフも手薄ですから、投手コーチと相談しながらしっかり整備できたらAクラスは十分に狙えると思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  4. 4

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  7. 7

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  8. 8

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  9. 9

    篠原涼子が忘れられなかったスポットライトの快感…妻の座を捨て次なる高みに

  10. 10

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

もっと見る