メダル目標口実に…JOC「選手強化費」要求が“青天井”懸念

公開日:  更新日:

 日本のお家芸といわれるレスリングの若手有望選手を集めた強化合宿が20日、都内のナショナルトレーニングセンターで報道陣に公開された。栄和人強化委員長は、「東京五輪はレスリングだけで10個の金メダルが取れるように、この6年間で選手が本気で取りたいというところまで育てる」と断言。他の競技も地元開催の五輪へ向けて、いろいろな強化策を打ち出している。

 しかし、10月4日に幕を閉じたアジア大会では、日本のメダル総数は200個(金47、銀76、銅77)。中国(金151、総数342)、韓国(同79、同234)に次いで3位だった。

 日本代表選手団の高田裕司総監督は、「金メダル50個、総メダル数で2位の目標を掲げていただけに厳しい結果」と総括。前回広州大会(金48、銀74、銅94=216個)を大きく下回った。

 昨年9月、20年五輪の東京開催が決まると、日本オリンピック委員会(JOC)は五輪開催決定後初となる選手強化本部会で、「金メダル数で世界3位以内」と「全28競技で入賞」を目標とすることを決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る