• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メダル目標口実に…JOC「選手強化費」要求が“青天井”懸念

 日本のお家芸といわれるレスリングの若手有望選手を集めた強化合宿が20日、都内のナショナルトレーニングセンターで報道陣に公開された。栄和人強化委員長は、「東京五輪はレスリングだけで10個の金メダルが取れるように、この6年間で選手が本気で取りたいというところまで育てる」と断言。他の競技も地元開催の五輪へ向けて、いろいろな強化策を打ち出している。

 しかし、10月4日に幕を閉じたアジア大会では、日本のメダル総数は200個(金47、銀76、銅77)。中国(金151、総数342)、韓国(同79、同234)に次いで3位だった。

 日本代表選手団の高田裕司総監督は、「金メダル50個、総メダル数で2位の目標を掲げていただけに厳しい結果」と総括。前回広州大会(金48、銀74、銅94=216個)を大きく下回った。

 昨年9月、20年五輪の東京開催が決まると、日本オリンピック委員会(JOC)は五輪開催決定後初となる選手強化本部会で、「金メダル数で世界3位以内」と「全28競技で入賞」を目標とすることを決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る