目的は? 中日・落合GMが都市対抗野球を連日の「単独視察」

公開日:  更新日:

「ひとりで記者席に座って異彩を放っていました」

 こう語るのは、都市対抗野球を視察していた某球団のスカウト。中日の落合GM(60)が連日、大会を視察に訪れていた。

「中日のスカウトは、高校の地方予選もあり、あまり姿を見せていなかったが、落合GMはリストを見ながらペンを走らせていた。社会人出身の落合GMは、社会人選手が好き。特に投手では『ポスト岩瀬』を含めたリリーフ投手が必要だろうから、自ら選手の力量を測っていたんだろう」

■リストアップ選手以外の“隠し玉”探し?

 29日の決勝を西濃運輸が制して幕を閉じた今大会には、ドラフト上位候補の加藤貴之(新日鉄住金かずさマジック)、高木伴(NTT東日本)らがプレー。社会人といえば、昨年は吉田一将(JR東日本→オリックスD1位)ら複数の選手がドラフト上位で指名された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る