今場所だけで金星2つ また横綱を「滑らせ」た高安の取組

公開日: 更新日:

 横綱がまた滑った。

 14日の大相撲九州場所6日目、平幕の高安が全勝の白鵬に土をつけた。強烈な立ち合いで白鵬を下がらせると、互いに距離を取っての突っ張りの応酬。回転の速い突きで横綱の上体を起こした。焦った白鵬は突きを繰り出すも、空振りに加えて、足が出ていなかったこともあり、体勢がグラリ。高安が踏ん張りきれない白鵬をすかさずはたき込むと横綱が足を滑らせ、今場所2つ目の金星を獲得した。

 普段は表情を変えない高安も、この時ばかりは土俵上で小さくガッツポーズ。さすがにバツが悪かったのか、支度部屋では「(ガッツポーズは)思わず出ちゃいました。恥ずかしかったです」と頭をかいた。

■日馬富士も滑った

 直前の取り組みでは、横綱鶴竜が2分30秒の熱戦の末、先場所負けた逸ノ城に借りを返したばかり。高安の激しい当たりと突っ張りに押されたとはいえ、横綱の自滅では落差の大きい2番だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る