今場所だけで金星2つ また横綱を「滑らせ」た高安の取組

公開日:  更新日:

 横綱がまた滑った。

 14日の大相撲九州場所6日目、平幕の高安が全勝の白鵬に土をつけた。強烈な立ち合いで白鵬を下がらせると、互いに距離を取っての突っ張りの応酬。回転の速い突きで横綱の上体を起こした。焦った白鵬は突きを繰り出すも、空振りに加えて、足が出ていなかったこともあり、体勢がグラリ。高安が踏ん張りきれない白鵬をすかさずはたき込むと横綱が足を滑らせ、今場所2つ目の金星を獲得した。

 普段は表情を変えない高安も、この時ばかりは土俵上で小さくガッツポーズ。さすがにバツが悪かったのか、支度部屋では「(ガッツポーズは)思わず出ちゃいました。恥ずかしかったです」と頭をかいた。

■日馬富士も滑った

 直前の取り組みでは、横綱鶴竜が2分30秒の熱戦の末、先場所負けた逸ノ城に借りを返したばかり。高安の激しい当たりと突っ張りに押されたとはいえ、横綱の自滅では落差の大きい2番だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る