シュート後に2回転…インテル長友が右肩故障でリタイア

公開日:  更新日:

 インテル(イタリア)の日本代表DF長友佑都(28)が、ヨーロッパ・リーグF組ドニプロ(ウクライナ)戦(日本時間28日午前5時キックオフ)で古傷の右肩を強打し、前半途中で負傷交代してしまった。

 右SBで先発した長友は、開始直後から積極的に相手エリアに進入。攻守にアグレッシブに動き回った。1-1で迎えた前半34分、相手右サイドをドリブルで突破。味方選手とのパス交換で抜け出し、相手GKと1対1となった。右足を振り抜いてシュート。ボールは枠から外れ、アクシデントにも見舞われた。

 シュートの直後、勢い余って右肩からピッチに叩き付けられて2回転。立ち上がる前から左手で右肩を押さえ、激痛に顔をしかめながらピッチサイドでドクターの治療を受けたが、その後はスタジアムの医務室に直行だ。

 長友はFC東京時代の09年10月、練習中に右肩を痛めて以来、何度も脱臼に悩まされている。11年7月にも脱臼して戦線離脱し、日本代表戦を欠場したこともある。

 23日、長友は日本代表MF本田圭佑(28)所属のミランとのミラノ・ダービーにフル出場。試合後には「W杯後は夢や目標を見失ったが、今はもう吹っ切れた」と心機一転を誓ったばかり。その直後の負傷リタイアだけに、ツキがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る