フィギュア全日本Jr女王・樋口新葉 真央、美姫に並んだ!

公開日:  更新日:

 もう真央の時代じゃない。

 24日に閉幕したフィギュアの全日本ジュニア選手権(新潟)の女子は、13歳の樋口新葉(わかば)が初優勝。中学2年での頂点は安藤美姫、浅田真央に並んだ。

 今季ジュニアグランプリにデビューすると、9月のチェコ大会で2位。10月のドイツ大会で初優勝を遂げ、ジュニアのGPファイナル(12月・バルセロナ)の出場権を手にした。

 今は、キム・ヨナの武器だった3回転ルッツ-3回転トーループの連続ジャンプを得意としているが、すでに真央の代名詞だったトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)や2種類の4回転ジャンプの練習もしているという。スケート関係者が言う。

「樋口は今、トリプルアクセルを跳ぶのが夢です。練習では尻もちをついているが、成功するのは時間の問題でしょう。樋口のスケートにはスピードがあり、ジャンプの質も高い。キャメルスピンなんて今すぐシニアに入ってもトップレベルです。ジュニアの中では成長力が一番あって、思い切りもいい。現在の身長は147センチ。18年の平昌五輪は17歳ですから、食事に気をつけさえすればそれほど体が大きくなることもないでしょう。トリプルアクセルに4回転ジャンプもプログラムに入れてくれば、金メダル候補に浮上するかもしれません」

 現在休養中の真央は、次の五輪は27歳。その頃は女子も、4回転ジャンプが主流になるとさえいわれる。そうなれば真央は五輪で脇役どころか、代表入りも厳しいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る