現状維持更改のソフトB五十嵐が語っていた「伝説の41球」

公開日: 更新日:

「あの時は何がダメだったか、自分では分かっていますから」

 4日、契約更改で3年契約の3年目を現状維持の1億5000万円でサインしたソフトバンクのセットアッパー・五十嵐亮太(35)。今季、63試合で球団新記録の45ホールドポイント、防御率1.52の好成績を挙げた右腕は、日本シリーズの際、9月25日の楽天戦についてこう語っていた。

 七回1死一、二塁で登板して計5四球2失点。プロ野球ワーストタイの1イニング4押し出しは60年ぶりの珍事。ファンが祈るように投球を見守るシーンが印象的だった。緻密な制球力を駆使するというより球威とキレが武器であるが、1死しか取れずに自滅。自力優勝の可能性を消した41球を「伝説の41球」と皮肉ったファンもいた。

 それでも五十嵐が以降、ダメージを引きずることなく、CS制覇、日本一に貢献できたのは、ファンの後押しがあったからかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る