現状維持更改のソフトB五十嵐が語っていた「伝説の41球」

公開日:  更新日:

「あの時は何がダメだったか、自分では分かっていますから」

 4日、契約更改で3年契約の3年目を現状維持の1億5000万円でサインしたソフトバンクのセットアッパー・五十嵐亮太(35)。今季、63試合で球団新記録の45ホールドポイント、防御率1.52の好成績を挙げた右腕は、日本シリーズの際、9月25日の楽天戦についてこう語っていた。

 七回1死一、二塁で登板して計5四球2失点。プロ野球ワーストタイの1イニング4押し出しは60年ぶりの珍事。ファンが祈るように投球を見守るシーンが印象的だった。緻密な制球力を駆使するというより球威とキレが武器であるが、1死しか取れずに自滅。自力優勝の可能性を消した41球を「伝説の41球」と皮肉ったファンもいた。

 それでも五十嵐が以降、ダメージを引きずることなく、CS制覇、日本一に貢献できたのは、ファンの後押しがあったからかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る