日ハム大谷がこだわる“二刀流”がメジャーでは叶わない理由

公開日:  更新日:

 日本ハムの大谷翔平(20)は、メジャーでも本気で二刀流に挑戦したいと考えている。11月27日には「最初にメジャーに行きたいと思ったときは、投手として評価してくれた。でも、打撃も評価していただけるならやってみたい」と願望も交えながらコメントした。

 しかし、実際問題として現在、メジャーに二刀流の選手はひとりもいない。

 投打とも抜けた選手がいないわけではない。メジャー通算148勝のマイク・ハンプトンはロッキーズ時代の01年、7本塁打を記録した強打者だったものの、出番のほとんどは投手として先発した試合だった。

 メジャーに二刀流がいないのはズバリ、システムの問題だ。

 メジャーのベンチ入りメンバーは25人。28人のプロ野球とは違ってギリギリの人数でやっているから、選手個々の役割は日本以上に細分化されているし、先発投手の「上がり」もない。例えば延長戦の代走などの有事に備え、前日に先発した投手だろうとベンチで待機する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る