サイ・ヤング賞2度の左腕サンタナが日本球界に売り込み

公開日: 更新日:

 来季はサイ・ヤング賞投手が日本でプレーする可能性が出てきた。かつてメジャーを代表する左腕と評されたヨハン・サンタナ(35)が、日本球界への移籍を希望しているというのだ。

 サンタナはツインズ時代、パラシュートといわれる独特のチェンジアップとスライダーを武器にア・リーグの強打者たちを翻弄。04年、06年にはいずれも満票でサイ・ヤング賞を獲得した。しかし、メッツ移籍後、左肩を2度手術するなど相次ぐ故障に見舞われた。今季はオリオールズとマイナー契約を結ぶも、6月にアキレス腱を断裂。ここ2年、メジャー登板の機会はないものの、すでに故障は完治し、母国ベネズエラで投球練習を再開したという。

 このオフ、古巣のツインズにマイナー契約を提示されながら、合意にはいたらず。ここにきて日本でのプレーを視野に入れ始めたらしい。代理人のピーター・グリーンバーグ氏が、日本の球界関係者にサンタナを売り込んでいるというのだ。同氏は「1年200万ドル(約2億4000万円)でどうか」と具体的な金額を逆提示したそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  10. 10

    小室圭さん突然文書を発表…“言い訳&反論”でケジメなるか

もっと見る