サイ・ヤング賞2度の左腕サンタナが日本球界に売り込み

公開日:  更新日:

 来季はサイ・ヤング賞投手が日本でプレーする可能性が出てきた。かつてメジャーを代表する左腕と評されたヨハン・サンタナ(35)が、日本球界への移籍を希望しているというのだ。

 サンタナはツインズ時代、パラシュートといわれる独特のチェンジアップとスライダーを武器にア・リーグの強打者たちを翻弄。04年、06年にはいずれも満票でサイ・ヤング賞を獲得した。しかし、メッツ移籍後、左肩を2度手術するなど相次ぐ故障に見舞われた。今季はオリオールズとマイナー契約を結ぶも、6月にアキレス腱を断裂。ここ2年、メジャー登板の機会はないものの、すでに故障は完治し、母国ベネズエラで投球練習を再開したという。

 このオフ、古巣のツインズにマイナー契約を提示されながら、合意にはいたらず。ここにきて日本でのプレーを視野に入れ始めたらしい。代理人のピーター・グリーンバーグ氏が、日本の球界関係者にサンタナを売り込んでいるというのだ。同氏は「1年200万ドル(約2億4000万円)でどうか」と具体的な金額を逆提示したそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る