• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高校サッカーSF 星稜vs日大藤沢の「10番対決」が見もの

 ベスト4が出揃った全国高校選手権。10日に埼玉スタジアムで準決勝2試合(神奈川・日大藤沢―石川・星稜戦、千葉・流通経大柏―群馬・前橋育英戦)が行われる。

 4強の中でダークホースの日大藤沢が不気味な存在。激戦区・神奈川を制した勝負強さは、5日の準々決勝・静岡学園戦でも健在。背番号10のドリブラーで両親がペルー人のMF田場ディエゴは徹底マークで動きを封じられたが、2戦9得点無失点の静学相手に2―1で逃げ切りに成功。初のベスト4入りだ。

「準決勝では、星稜のエースMF大田と田場との“背番号10対決”が見もの。星稜の大田は、5日の大阪・履正社戦で2試合連続となる決勝ゴールを決め、4強の中で一番“当たっている”選手です。総合力では、流通経大柏と前橋育英の勝者が優勝候補。しかし、日大藤沢と星稜の勝者が勢いに乗って決勝でも粘り強く戦い、一気に初優勝という可能性もある」(スポーツ紙高校サッカー担当記者)

 星稜・大田は「(背番号10は日本代表MF)本田先輩と同じ。プレッシャーはあります」と言うが、試合になると伸び伸びとプレー。

 準決勝、決勝でも活躍して優勝を手繰り寄せる勢いである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る