高校サッカーSF 星稜vs日大藤沢の「10番対決」が見もの

公開日: 更新日:

 ベスト4が出揃った全国高校選手権。10日に埼玉スタジアムで準決勝2試合(神奈川・日大藤沢―石川・星稜戦、千葉・流通経大柏―群馬・前橋育英戦)が行われる。

 4強の中でダークホースの日大藤沢が不気味な存在。激戦区・神奈川を制した勝負強さは、5日の準々決勝・静岡学園戦でも健在。背番号10のドリブラーで両親がペルー人のMF田場ディエゴは徹底マークで動きを封じられたが、2戦9得点無失点の静学相手に2―1で逃げ切りに成功。初のベスト4入りだ。

「準決勝では、星稜のエースMF大田と田場との“背番号10対決”が見もの。星稜の大田は、5日の大阪・履正社戦で2試合連続となる決勝ゴールを決め、4強の中で一番“当たっている”選手です。総合力では、流通経大柏と前橋育英の勝者が優勝候補。しかし、日大藤沢と星稜の勝者が勢いに乗って決勝でも粘り強く戦い、一気に初優勝という可能性もある」(スポーツ紙高校サッカー担当記者)

 星稜・大田は「(背番号10は日本代表MF)本田先輩と同じ。プレッシャーはあります」と言うが、試合になると伸び伸びとプレー。

 準決勝、決勝でも活躍して優勝を手繰り寄せる勢いである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  9. 9

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

  10. 10

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

もっと見る