錦織圭を現地取材 日本人ジャーナリストが見た「2つの驚き」

公開日:  更新日:

 テニスのブリスベン国際シングルスでは準決勝で敗れた錦織圭(25)。現地で取材中の塚越亘氏(テニスジャーナリスト)は2つのことに驚いたという。

「ひとつは錦織のサーブです。ジュニアの頃からサーブだけで決まるような単調な試合はあまり好きではなかったこともあるが、サーブに対する意識が低く、欠点でもあった。昨年もサーブミスで何度もチャンスをつぶした。ブリスベンの試合では、準々決勝から第1サーブが90%前後でポイントになったため、昨年54%だった第2サーブのポイント獲得率も6~7割以上にアップ。準決勝の相手だったラオニッチは時速230キロを超えるビッグサーバーだが、それとは対照的に相手の予想に反するスピンをかけたり、コースを狙ったサーブが非常によかった。もうひとつの驚きは報道陣の数です。ブリスベン国際のような4大大会以外の試合には、これまで日本人メディアは私の他に1人か2人しかいなかった。それが今年は20人以上はいました。19日からの全豪オープンではおそらく倍ぐらいになるのではないか」

 1月のスポーツメディアはテニスで熱くなりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る