• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

錦織圭を現地取材 日本人ジャーナリストが見た「2つの驚き」

 テニスのブリスベン国際シングルスでは準決勝で敗れた錦織圭(25)。現地で取材中の塚越亘氏(テニスジャーナリスト)は2つのことに驚いたという。

「ひとつは錦織のサーブです。ジュニアの頃からサーブだけで決まるような単調な試合はあまり好きではなかったこともあるが、サーブに対する意識が低く、欠点でもあった。昨年もサーブミスで何度もチャンスをつぶした。ブリスベンの試合では、準々決勝から第1サーブが90%前後でポイントになったため、昨年54%だった第2サーブのポイント獲得率も6~7割以上にアップ。準決勝の相手だったラオニッチは時速230キロを超えるビッグサーバーだが、それとは対照的に相手の予想に反するスピンをかけたり、コースを狙ったサーブが非常によかった。もうひとつの驚きは報道陣の数です。ブリスベン国際のような4大大会以外の試合には、これまで日本人メディアは私の他に1人か2人しかいなかった。それが今年は20人以上はいました。19日からの全豪オープンではおそらく倍ぐらいになるのではないか」

 1月のスポーツメディアはテニスで熱くなりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  9. 9

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る