日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

資金は豊富…FA青木にナ・リーグ名門ブレーブス入り急浮上

 ロイヤルズからFAになっている青木宣親(33)の周囲が騒がしくなってきた。

 ナ・リーグの名門球団のひとつとして知られるブレーブスが獲得に動くという。15日(日本時間16日)、地元紙「アトランタ・ジャーナル・コンスティチューション」が伝えている。

 この日、ブレーブスは左翼のエバン・ガティス外野手(26)をトレードでアストロズに放出。今オフはキューバ人のディアン・トスカノを獲得したが、実力は未知数。手薄になった外野手を補強するため、ブレーブスは青木を獲得して左翼で起用する方針だという。

 青木をめぐっては、これまで昨季のワールドチャンピオンチームであるジャイアンツの他、オリオールズ、ブルージェイズらが関心を示していた。「CBSスポーツ」(電子版)によれば現時点で青木を獲得リストに残しているのはオリオールズだけだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事