<第14回>「仏様が見守ってるから大丈夫」寺の本堂でうそぶきながらバクチに興じる親方がいる

公開日:  更新日:

「ちぇっ!」

 大きな舌打ちとともに、あぐらをかいた力士が1万円札を放り出す。向かい合っている力士はニヤリと笑うと、それを掴んで脇にある1万円札の山へ。そして慣れた手つきで花札を一枚ずつ配りながら言う。

「さあ、どっち!?」

 世間を騒がせた10年の野球賭博騒動から5年。もはや相撲取りはバクチをしない……と、思うファンも多いだろう。しかし、花札バクチは巡業中、頻繁に行われているのが現状だ。

「ヒマな時間が多いし、本場所と違って緊張感もないからね。しかも男所帯となれば、やることはバクチしかないでしょう。これも江戸時代から続く相撲の歴史じゃないですか(笑い)」(元力士)

 地方巡業中の支度部屋は無法状態。一般人は勝手に入れないだけに、人目をはばかることなく力士はバクチに興じている。部外者が訪れた時は、見張り役がせき払いなどで合図。それを聞いた力士らは、はじかれたように腰を跳ね上げ、手早く札束と花札を座布団の下へ。その上に再びどっかと座るのだ。一連の動作はわずか2秒ほど。本場所でもめったにお目にかかれない、本気を出した力士の瞬発力のなせる業だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る