• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第14回>「仏様が見守ってるから大丈夫」寺の本堂でうそぶきながらバクチに興じる親方がいる

「ちぇっ!」

 大きな舌打ちとともに、あぐらをかいた力士が1万円札を放り出す。向かい合っている力士はニヤリと笑うと、それを掴んで脇にある1万円札の山へ。そして慣れた手つきで花札を一枚ずつ配りながら言う。

「さあ、どっち!?」

 世間を騒がせた10年の野球賭博騒動から5年。もはや相撲取りはバクチをしない……と、思うファンも多いだろう。しかし、花札バクチは巡業中、頻繁に行われているのが現状だ。

「ヒマな時間が多いし、本場所と違って緊張感もないからね。しかも男所帯となれば、やることはバクチしかないでしょう。これも江戸時代から続く相撲の歴史じゃないですか(笑い)」(元力士)

 地方巡業中の支度部屋は無法状態。一般人は勝手に入れないだけに、人目をはばかることなく力士はバクチに興じている。部外者が訪れた時は、見張り役がせき払いなどで合図。それを聞いた力士らは、はじかれたように腰を跳ね上げ、手早く札束と花札を座布団の下へ。その上に再びどっかと座るのだ。一連の動作はわずか2秒ほど。本場所でもめったにお目にかかれない、本気を出した力士の瞬発力のなせる業だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る