<第14回>「仏様が見守ってるから大丈夫」寺の本堂でうそぶきながらバクチに興じる親方がいる

公開日:  更新日:

「ちぇっ!」

 大きな舌打ちとともに、あぐらをかいた力士が1万円札を放り出す。向かい合っている力士はニヤリと笑うと、それを掴んで脇にある1万円札の山へ。そして慣れた手つきで花札を一枚ずつ配りながら言う。

「さあ、どっち!?」

 世間を騒がせた10年の野球賭博騒動から5年。もはや相撲取りはバクチをしない……と、思うファンも多いだろう。しかし、花札バクチは巡業中、頻繁に行われているのが現状だ。

「ヒマな時間が多いし、本場所と違って緊張感もないからね。しかも男所帯となれば、やることはバクチしかないでしょう。これも江戸時代から続く相撲の歴史じゃないですか(笑い)」(元力士)

 地方巡業中の支度部屋は無法状態。一般人は勝手に入れないだけに、人目をはばかることなく力士はバクチに興じている。部外者が訪れた時は、見張り役がせき払いなどで合図。それを聞いた力士らは、はじかれたように腰を跳ね上げ、手早く札束と花札を座布団の下へ。その上に再びどっかと座るのだ。一連の動作はわずか2秒ほど。本場所でもめったにお目にかかれない、本気を出した力士の瞬発力のなせる業だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  8. 8

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る